梅雨入りしたはずなのに晴天続き!くしいです!

今回はディレクター界隈で何年もお世話になってる @jaygns さんが転職されたということで、渋谷は
クロスタワーにお邪魔してきた。エグゼクティブの転職サイトを手がけている株式会社ビズリーチさんと高級タイムセールサイトを提供している株式会社ルクサさんのオフィスをご紹介。

エグゼクティブでプレミアムって、もう既にスペシャリティなニュアンスがマックス天元突破なわけですがこちらの2社は兄弟会社ということで同じフロアにオフィスを構えていらっしゃるそうです。そしてビズリーチさんと言えば、IT・Webエンジニア向けのコラボレーションツール「コードブレイク」が最近話題だったりしましたね。さてさてどんなオフィスなんでしょうか。

DSC05992




というわけで、受付。なんか公園っぽい。
DSC05986
と思ったらこのオープンスペースは「Garden」という名称で、自分たちの庭のようにゆったりと落ち着ける
憩いの場でありこれから訪れる沢山の人を迎え入れる玄関となるようにとの想いが込められているそう。
CTOがデザインしたんだって。多才すぎる。
DSC06017_


ウェイティングスペースはベンチ
DSC05989


飾られている写真は手前から順に創業から現在までのメンバーが写ったもの。素敵やん。
DSC05990


そして突然の芝生
DSC05987


ドギャーンと広いGardenでは、朝からラジオ体操をしてるそう。壁にプロジェクターの映像を投影する
ことも可能で、月1くらいのペースでピザパーティーをするんだって。なにそれ楽しそう。
DSC05988


フリーデスクスペースもあり軽めにいつでも打ち合わせできちゃう
DSC05995
DSC05996


来客用にも使う会議室がドドーン。ホント公園っぽい。
DSC05997


会議室にはそれぞれ名前が付いていて、こちらはただのAじゃない。Asteriskどすえ!
「アスタリスクには0以上の無限大の連鎖を意味したり、掛け算の意味があります。どこまでも無限大に
伸びて行く事業、会社にとって、実りある会議になるように。」とのこと。カッコいいんですけど…
DSC05998


中はこんなかんじ
DSC05999


外から丸見えですね!
DSC06001


と思ったらロールスクリーンをクルクルすると目隠し兼プロジェクタ用のスクリーンが!
衝撃すぎてピントあってない。
DSC06000


各会議室にプロジェクタがついてる
DSC06002


お次もただのBじゃない。Backslashだ!
「バックスラッシュは他のアルファベットなどと組み合わさって、全く別の意味になることがあります。
優秀で、個性豊かなメンバーが化学反応を起こせるスペースとなるように。」どう、わかった?
DSC06006


デカめのホワイトボード。明るすぎてピントが合ってない。さて、これはいつものをやっておくしかない。
DSC06005


ルクサ社のロゴっぽく、941っと。 こりゃひどいクオリティですね。すいませんすいません。
DSC06004


まぁまぁ246の美しいカーブでも見て心を落ち着けてください。うーん、いい曲線。
DSC06003


ささ、お次はCです。CってなんのCかって?ようしわかった教えちゃう。Circumflexだよ!
「サーカムフレックスは「始まり」を意味する使い方があります。またRegionUpのシンボルマークでも
あります。新しい事業、新しいサービスが生まれ、どこまでも上へ向かって伸びていくように。」
覚えたね?よしよし。
DSC06007


椅子の背もたれがなんか不安だけどお高そうな代物。
DSC06008


DはDouble QuotesのD。
「ダブルクオートは「大切な言葉」を括る記号です。いつか世界の人々が知っているような、素敵な名前が
生まれるような場所になるように。」というわけ。HTMLタグとかでよく使うねあたしの場合。
DSC06009

DSC06010


そうそう、こちらのGardenには東屋がある。ピクニック気分で打ち合わせ出来そうで素敵。
しかもこれ移動可能。二人くらいでえいやと押すと動くんだって。自宅に欲しい。
DSC05992


Dの次は何でしょう?そう!E! もちろんEnter!
「エンターは全ての処理を執行する何よりも大事なキーです。大きな判断を適切に素早く判断し、会社の
最大の推進力を生み出す泉になるように。」とのことです。 泉…!うん!
DSC06012


こちらのお部屋は大事な会議も出来るよう防音仕様になってるそう。
DSC06013


ラストはF。FinalのFじゃないよ。Functionです!
「ファンクションキーは様々なツールにおいて、用途も現象も変化する自由自在なキーです。それぞれでも
一緒にも使えるフレキシブルさに加え、外の人も巻き込みながら様々なものが生まれる場所になるように。」
色々あるんですなぁ。
DSC06014


こちらは1と2に分かれているけど繋げて使うことも出来ちゃう。
DSC06015

DSC06016


よく見るシャレオツな椅子だ!
DSC06017


さてさて、ここからは執務エリア。入り口にはルクサのロゴ。
DSC06018


きゅっとした執務スペース。ルクサのスタッフの皆さんが70名ほどいらっしゃいます。
36fd77b0


ドリンクが安い
DSC06020


代表取締役会長の南さんの著書『ともに戦える「仲間」のつくり方』でわかるように
「仲間を大事にする」ことが重要と考えるルクサさん。仲間といえばワンピース。というわけで完備。
DSC06021


商品の撮影ブースを発見。
DSC06022


とりあえず一枚撮っておく。こりゃいいものだ。
DSC06027


ほうほう、靴はこうやって撮ればいいのか。
DSC06023


サンダルが置いてあったのでやってみる。まずはこうかな。
DSC06029


横からの〜
DSC06030


寄り! あれ、俺ここに何しに来たんだっけ…
DSC06031


続いてビズリーチさん側の執務エリア。ひょー、広い。
20ded309


なんか超デカいモニター!
DSC06035


椅子が座りやすそう&高そう!
DSC06037


勤怠は裏側がカードリーダーになっているタブレットPCで。最近のはハイテクだ…
DSC06034


ちょうどCTOの竹内さんがいらっしゃった。ビズリーチルクサでは仲間を募集してるそうですぞ!
面接時に「941::blog見た!」って言うとコーヒーかカフェラテがタダで飲めるそうです。たぶん。
DSC06036


というわけで、株式会社ビズリーチさんと株式会社ルクサさんでした。
今回ご案内いただいた広報の方がお持ちなのは両社の代表、南さんの著書。
DSC06051



さーて、次はどこへ行っちゃおうかなー。



ともに戦える「仲間」のつくり方
ともに戦える「仲間」のつくり方 [単行本(ソフトカバー)]



Kindle版もあるでよ
ともに戦える「仲間」のつくり方
ともに戦える「仲間」のつくり方 [Kindle版]