941::blog

たまに面白いことをいうブログです

セイヤッ!! くしいです!

さてさて、行ってきたシリーズの145記事目は「すべての労務を1クリックで」な社会保険・雇用保険の手続きを自動化するクラウド型ソフトウェア SmartHR を作っていることで有名な株式会社KUFU(クフ) さんが引っ越したとか引っ越してないとかで行ってきましてね。

前回お邪魔したのが2016年の1月なので、1年ちょっとでババンと移転されたそう。
株式会社KUFU に行ってきた!

はい、じゃあ早速いっちゃいましょう! 指定の場所まで来たけど、超高級住宅街だしあるのはオシャンなカフェっぽいところだけだし… と思ったらここで合ってた。
IMG_0001


前のオフィスはわりとこじんまりとしたマンションっぽいところだったのにホントかよ…とオシャンな階段を登りながら疑いがなかなか晴れない。
IMG_0002


おいっす!すでにお引っ越しされてから2年くらい経つけど、やっっっっっとこさお邪魔してきました!ずっとリロードしまくってくれていたファンの皆さん、お待たせしちゃってすいませんね!

はい、そんなかんじでクックパッド株式会社さんです。今回で144回目となる行ってきたシリーズにおきましても「手がけている事業と直結したオフィス最高!例えばオフィスの中にキッチンがあるクックパッドさんとか!」と機会があるたびに声高に言っております。端的にいうと大好きです。生まれ変わったらクックパッドになりたい。

そして調べてみたらなんと前回から6年半たってしまいました。もしかして:人生あっという間
▼2010年06月07日 クックパッド株式会社 に行ってきた!

さてさて、早速いってみちゃいましょう。引っ越してもやっぱりすごいので、殿!お気を確かに!画像はちょうど100枚です。100枚て。うおお!早速受付だ!
IMG_0001


何かしらの見学をしていたらしい同じビルっぽい人たちが「え、ここオフィス?楽しそうすぎない??」と若干日本語おかしくなってるくらいに楽しそうすぎる雰囲気である。だってもうキッチン丸見えやで?
IMG_0003


北海道に続き関西も来てみたやつ。

YAPC::Kansai 2017 OSAKA
YAPC::Hokkaido 2016 SAPPORO にざっくり参加してきたので写真で色々紹介 - 941::blog

会場は新大阪駅から徒歩7分くらいのMOTEXホール。朝起きて新幹線乗ってOPに間に合うので最高。PassMarketのQRコードを見せてピッとして入場完了。一般は1000円でTシャツ付きと格安。



きれいな会場


会社でスポンサードしているのでブースの企画&当日の配布要員として参加中。いやぁ、参加者の熱が高くてとってもよいイベントですね。最高です。

TOKYO - try! Swift
【協賛情報】try! Swift : LINE HR Blog

会場はベルサール新宿セントラルパークの地下。1トラック700人収容くらいの規模感でチケットは3万円くらいだったはず。お弁当出るし同通あるし色々と過不足ないかんじの運営です。参加者は若い方が多いな!という印象で、欧米の方が多いのも印象的。(2〜3割が外国籍というイメージ)スピーカーも英語でのトークが多い。

受付は当日の朝の段階で8割くらい終わってそうなイメージ。朝のうちにこのくらい消化できてるってのは参加者のモチベーションが高いという証ですね。



受付から会場入口まではスポンサーが出しているブースが続く。

早速ですがLINEさんはコーヒーとオレンジジュースを飲めちゃうブース。オリジナルで作ったスリーブの中にサリーのステッカーがあったらこれまたオリジナルで作ったモバイルバッテリーが当たる!みたいなのを展開。きっちり作り込んでみたので皆さん是非お越しください!(宣伝)



休憩時間になるとドワ〜っと来ていただいております、ありがとうございます



ブラウンがついたカップを片手に談笑する参加者の皆さんを見ていると胸熱でございます



順次やっております。予定よりも1.5倍量でており嬉しい悲鳴。



ブースが色々と出てましたけども、過去にオフィス取材で伺ったことがある会社さんばかりで妙な親近感。当時ご案内いただいた方じゃない場合でも「うわー!くしいさんだー!」とテンション高めでご挨拶いただいたりして恐縮。

こちらはグッドパッチさんのブース。
▼オフィス 株式会社グッドパッチ に行ってきた! - 941::blog


らっせーらー!くしいです!寒いっすね!
さてさて、行ってきたシリーズの143記事目は、オフィスをはじめショップや各種施設の空間デザインを手がけていらっしゃるインテリアデザイン会社「株式会社ドラフト」さんでございます。過去に当コーナーで登場したあの会社さんもあの会社さんもドラフトさんが手がけていて凄い。

2016年10月に移転したという新オフィスは、CEOでもありバリバリの現役インテリアデザイナーでもある山下泰樹氏によるデザイン。ショウケースも兼ねたオフィスは、色々なニーズに対応できるようニュートラルがテーマだそう。現在90名ほどの方が働く暫定「日本一カッコイイオフィス」ご紹介いたしますぞ。

んじゃ早速! 原宿駅の表参道口を出て、テクテク歩くとズドンと出て来るオシャンなビル。こちらがドラフトさんでございます。2Fと3Fがオフィスになっている。
IMG_0001


階段を登っていくとカフェっぽい入り口。ところがどっこいオフィスなんですぞ。実際に1日に何組かがカフェと間違って迷い込んでくるんだとか。
IMG_0002

こんにちは!トレッキーです!DVD全部もってます!
IMG_4725.jpg

はい、というわけで!ついにNetflixでスタートレックのTVシリーズや映画がほぼ全て公開されましたね!そしてNetflixオリジナルでスタートレックディスカバリーも放映予定ですね!やったー!生きててよかったー!!!!
netflix
Netflix スタートレックの検索結果
というわけで「スタートレック興味はあるんだけど、沢山ありすぎてどれから見たらいいかわからない…」という方向けに年表を作りましたのでどうぞ。

早速こちら!クリックすると大きく表示されます。


わお!ほぼ完璧!左から右は作品内での時間の流れ、上から下は現実世界の公開順になってます。
これらの作品はNetflixでほぼ観ることができます、2016年に劇場公開されたスター・トレックBEYONDが無いくらいですね。Netflixは日本語の吹き替えもカバーしているので満足度がかなり高い。(私はTVシリーズは吹き替え派。TNGピカード艦長役の麦人さん最高!うおお!ライトは4つだー!!)

■オススメの観る順番
基本的には、作品公開順である TOS → TNG → DS9 → VOY → ENT → reboot がよいと思います。んが、いかんせんエピソード数が多すぎる(700話以上ある)ので、前提知識無しに観てスタートレックの魅力を感じられるエピソードを10個ほどご紹介。ちなみに、昔の作品でもHDリマスターやらデジタル・リマスターやらが適用されてるバージョンっぽいので、画質的にはとても綺麗です。特撮や合成のチープさは若干ありますがそこは想像力でカバーということでひとつ宜しくお願いします。結局ヒューマンドラマですのでね。


久しぶりに参加してみた。チケットは1日入場券で1500円。今年はジャパンアミューズメントエキスポ2017との共催とのことで、入場は闘会議なんだけど入るとJAEPOが最初だったりで、限りなく同じイベントという見え方だった。闘会議2015に行ったことがあったけど、参加人数は減少しているような気がした(要出典)

闘会議2017 〜ゲームファンとゲーム大会の祭典〜




会場は幕張メッセ




物販は空いていた。めぼしいものはもう売り切れていたのかな?


昨年も参加したDeNAさんのTechイベントに参加してます。資料なんかは後ほど公開されると思うので、イベントがどんなかんじだったかみたいな方向性で紹介。チケットは今年もPeatixで参加費無料。チケットは4日前くらいまで入場可能だったっぽい。(あつめにリマインドがきていたのは参加予定者の周囲を誘う効果を期待したんじゃろうか)

公式 ▼DeNA TechCon 2017

昨年 ▼DeNA TECHNOLOGY CONFERENCE 2016 にさらりと参加してきた - 941::blog

受付はチケット(Peatixの色がコロコロ変わるやつ)を見せるだけで簡単。本人確認や種別の確認は無しでスムーズ。



スタンドバナーで今年の推しがわかりますな。昨年との比較も面白いかもしれない。


DropboxのPROアカウントにしていて、数ヶ月前から写真や動画などを共有するリンクを作成しても全て429エラーが出て困っていた。
429

サポート内で検索してみると
リンクやファイル リクエストの禁止 - Dropbox のヘルプ - Dropbox
転送量に制限があって「すべてのリンクおよびファイル リクエストが生成可能なトラフィックの合計は 1 日につき約 200 GB です」とのこと。しかし、自分はPC2台を同期しているくらいで大量トラフィックは発生させていないはず。

それにしてもどこに問い合わせたもんかなー、と思いながら1ヶ月に2回くらいしか共有出来なくて困る事態にならなかったので放置していたら半年くらい経ってしまっていた。PROにしてるし、使えないままなのもよくないなと思い一念発起して検索やら何やらしていたらここに辿り着いた。サポートのTOPかい!ズコー
https://www.dropbox.com/support

問い合わせはシンプルで、アカウントを選び、問い合わせ種類を選び、デバイスや問題が起きているファイルを指定して問い合わせ内容を入力する。状況はこう。(問い合わせる時は状況のやりとりをしなくてよいように適度に情報を先出しするのがよいと思う)

------
件名:写真や動画などの共有リンクが全て429エラーになる
本文:件名のとおりです。画像や動画を指定して、共有リンクを作成。自分でアクセスしても429エラーになります。転送量の問題があるかもしれませんが、半年以上はずっとこの状態なので他のユーザーは閲覧できていません(サポートの宛先がわからず半年かかりました)2台のPCで同期しているだけでそれほど多くのデータ量を消費しているとも思えません。調査お願いします。
------

日本語で送信したら、すぐにDropboxサポートの日本人ぽい人から「問い合わせを受け付けたよ、専門のサポートチームが調査して折り返します」みたいな内容が届く。

問い合わせをしたのが昼の12時で、翌日の4時に「アカウントの問題点を解消したよ、他にも何かあったら連絡してね」的な内容をもらい、429エラーは発生しなくなっていた。16時間で解決するならもっと早めに問い合わせればよかった…。(アメリカのサポートチームの人からの返信だったけど、機械翻訳がうまいこと挿入されて届いたメールだったので日本向けのCSチームが便利なツールを作って運用してるんだろうなと予想。ありがたい)

というわけで、何か問題があったらサポートに連絡しましょうという当たり前の結論だった。

以前、ヒカリエ版を書いたのでミライナタワー版も書いてみました。オフィスフロアは5Fになります。情報は2017年2月時点のものなのでご注意ください。

新宿ミライナタワーはこのビル。JRだと南口やルミネ側、建物だとタカシマヤタイムズスクエア側。
000

新宿駅周辺は広大で迷いやすいので頑張ってください。ミライナタワーへ到着するコツは「とにかく地上を目指せ」「地下からだとE10という出口を探せ!」ということです。グッドラック!
GoogleMapでミライナタワーを確認

路線を選ぶとページ内ジャンプします。改札から徒歩何分程度かザックリ目安で入れています。
JRから (徒歩1分)
JR 南口から (徒歩3分)
小田急から (徒歩4分)
京王から (徒歩6分)
京王新線・都営新宿線 新宿駅から (徒歩6分)
大江戸線 新宿駅から (徒歩6分)
副都心線、東京メトロ 新宿三丁目駅から (徒歩7分)
都営新宿線 新宿三丁目駅から (徒歩10分)
西武新宿 新宿駅から (徒歩16分)

いいね!くしいです! ついにお邪魔してきました、フェイスブック ジャパン! Facebookは皆さんご存知かと思いますが、Facebookです!!

世界中にある拠点は全て1つのカードキーで入退館出来るそうで、色々なものをアメリカ本社を基準に整備しているので細かなところまでレベルの高さがすごいオフィスでござった…。 今回で142記事目となる行ってきたシリーズでもTOP3に入る凄さでしたね… 住みたさがハンパじゃない… ここはもうアメリカじゃよ…

ってなかんじで、早速いってみちゃお!!バーン!受付!阿吽!
IMG_0001


カッコよすぎでは?Facebookのオフィスはその拠点がある国で活動しているアーティストの作品をオフィスに導入するそうで、ここから出てくるアート作品なんかはほとんど日本で作られたものとのこと。迫力が凄いなあ。
IMG_0002


昨年に引き続き、今年も参加。公式 Cookpad TechConf 2017
応募や参加チケットはconpassで、これ抽選も出来て便利。(昨年はdots) 350人の定員に1095人の応募だから倍率は3.1倍といったところ。

昨年はこちら
Cookpad TechConf 2016 にさらりと参加してきた

LIVE配信もあってYoutubeで配信
Cookpad TechConf 2017 - YouTube

会場は昨年と同じく恵比寿ガーデンプレイスのガーデンルーム。昨年よりも細かくアップデートされているような気がする



Mercari DAY 2017 @AcademyHills | 2017.01.20 に参加した話。会場とか雰囲気とかについて。
学生向けの無料枠、有料(2000円)のエンジニア枠とプロデューサー枠があって、参加者のドタキャン防止かなという印象。(2000円で300人いれても60万円にしかならないし会場費用にあてるにしても少額すぎるよねというかんじ)

場所は六本木ヒルズのアカデミーヒルズ。寒くて雪がチラホラ。



ヒルズは変わりませんね



49Fへのエレベーターがクソオシャレで高層階くるとピンクになるのがアレですよね。受付。





IIJmioからLINEモバイルに2回線乗り換えてみた。LINEモバイルの特長としては
・LINEの年齢認証機能・ID検索に対応
・MVNO業界の中でも一般的な価格帯(ウルトラ安い!とかではない)
・LINEを使ったサポートを受けられたり、今月の利用状況もLINEで確認出来たりする
といったところ。他にも月額基本利用料の1%分のLINEポイントが毎月貯まったり、LINE友達にデータプレゼントが出来たりとLINEっぽい強みをグイグイやってくれるやつです。詳細はLINEモバイル公式からどうぞ。

今回乗り換えてみた理由としてはざっと5つくらいあって
・LINEモバイル開始時点から1回線使っていて、数ヶ月経つけど安定して早いなーという実感があった
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2016年12月その2 LINEモバイルちょっとおかしいんじゃない? | orefolder.netという記事があったりするように、明確に安定して早いようだ
・使っているMVNOであるIIJmioの機能解除期間がうまいことなるタイミング(IIJmioは契約からちょうど1年のタイミングで解除料金が0円になる
・LINEの社員なので使わないのも変

実際やってみた感想としては
・丸2日程度でMNP手続きが完了して使い始められたので早かった
・LINEでリアルタイムにサポートしてくれるのでIIJmioよりも手厚い印象があった
・月額利用料はそんなに変わらない予定だけどよく使うアプリが容量カウントされないのはよさそう
・回線ごとに会員IDが必要なので、今後は1つの会員IDで複数回線を管理できるようになるのを期待
といったところ。

MVNOからMVNOで番号そのままに移行するいわゆるMNPが出来るのは転出元に制限もあったりするので気をつける必要がありそう。IIJmioからは出来ました。大手キャリアからは問題なく出来るはず。

というわけでMNP前の状況から。IIJmioの「ファミリーシェアプラン 10GB」というのを使っていて音声通話のSIMを2枚使っていたので、請求を遡ってみたところ月額5800円程度だった。(通話したりするので若干の変動がある)

LINEモバイルに2回線をMNPするにあたりプランを検討した結果「コミュニケーションフリープラン で音声通話を2回線にして3GBと7GBで合計10GB」という内容にしてみることに。容量的には10GBから10GBなのでIIJmioと変わらないけど、LINE、Twitter、Facebook、Instagramへのアクセスはカウントされないので実質容量はかなり増えているはず。金額は3GBで1110円、7GBで2300円、音声通話SIMだとプラス1枚あたり580円かかるので合計で 4570円になる計算。

IIJmioへ支払うMNP転出手数料は1回線あたり3000円、LINEモバイル加入時にかかる登録料は1回線あたり3000円かかるので1回線あたり6000円かかる計算。2回線あるので手数料だけで12000円かかる。

まとめると、月額1000円程度安くなる予定なので2回線MNPしても手数料12000円は1年でもとがとれるという計算。

では具体的にやった手順を時系列で。写真などは1回線目で撮ったものなので日時が少しおかしいのでご了承ください。

まず、すでに1回線持っているので回線を追加でMNPしたいのに新規でIDを取れと言われるのでどうしたらいいもんかとヘルプを見てみたところ、適切な回答にたどり着けなかった。それじゃあサポートに聞いてみるかとLINEで聞いてみたところすぐに回答があった。



めちゃくちゃ便利…。そしてこれについて「サポートすごい」とか言っていたらLINEモバイルの担当でもある同僚がヘルプページから適切に結果が出るようやってくれたりした。ナイス同僚。というわけで回線の追加はIDを別で取ればいいということがわかったので手続きを開始。

■12/25 8:38
IIJmioでMNP予約番号発行依頼
オンラインで出来るのでここから行う。 https://www.iijmio.jp/service/setup/hdd/mnp/

■12/25 23:00
IIJmioから予約番号発行完了メールを受信
最大で4日程度かかる場合もある、と書いてあるけれど24時間もかからずに発行された。

MNP予約番号が発行されたので早速 LINEモバイルで申し込み。
こちらから行う。 https://mobile.line.me/order/

IDを取ればいいということがわかったので、この後はプランを選んで、ログインIDを決めて、メールの疎通確認をする。その後、メール支払い方法を選択する。

LINE PAYで払う場合は「申し込み→メール→決済方法選択→LINE PAYの場合はログインして→スマホLINEで認証→ブラウザ側が切り替わり登録完了」となる。基本的に画面どおり進めばいいだけなので迷うところはない。このあと本人確認書類(自分の場合は免許証)をスマホで撮影して画像を送る。

■12/25 23:06
LINEモバイル申し込み完了
申し込み手続き開始から10分かからずに終わった。(ちなみに、手続きなどに関しては社員だから何か優遇されたり早くなったりといったことはない)

■12/26 12:40
LINEモバイルから契約成立のメールを受信

■12/26 17:31
商品発送通知メールが届く
え!もう来るの!というのが正直な感想。混む時期はどのくらいかかるんだろう。

■12/27 8:00
クロネコヤマトさんからSIM受取
配送のルート次第だろうけど朝一番で届いた。



中にはMNP手続きについて書かれた案内状が1枚とパッケージが1つ。











開封してみたところ。説明書とSIMが入っている。




SIM入れ替えて、プロファイル設定を行う。



適当に進めるとエラーになるので先にIIJmioのを削除する必要あり。



■12/27 10:22
MNP開通手配の電話をかける
フリーダイヤルにかける必要があるのでSIMを入れ替える前にやったほうがよさそう。(自分は2台持ちなので問題なかった)
電話では
・連絡先電話
・名前
・誕生日
・ログインID
の4点を確認されるだけ。最後に「開通したらメールでお知らせします、開通しても受信しない時は再起動してみてください」と言われ終了。

■12/27 12:53
開通完了のメール受信
圏外のままだったので、念のため再起動して電波を掴んだことを確認。あっさり終わった。
最後に、IIJmioにSIMを郵送で返却してMNP手続きは完了。


実際に速度がどのくらいかというと、自宅や通勤電車やオフィスで測ってこんなかんじ。早い。






といったわけで、LINEモバイルにした話でした。年末年始、試算してみたりしてはどうでしょうか。LINEを使ったサポートとかマイページ確認は本当に便利。こんなかんじ。



今後も機能拡張に期待しています!!!!

最近Amazonでも買えるようになったみたいですね。MNPも対応とのこと。

「買ってよかった」を今年はやたらと見かけるけど、自分は何かあったっけなー?と思ったら地味に色々あった。2016年にAmazonで注文した商品は292点だった。

■石鹸
ボディソープをやめて石鹸にした。泡切れがよいし4人家族で1つあたり3週間以上持つし1つ100円くらい。コスパもよい。



■ホームベーカリー
自宅で焼くパンはめっちゃ美味い。焼きたてだと耳がマジで美味い。餅も作れるしピザやパスタの生地も作れる。(9割方パンしか作ってない)
第123回:ついにホームベーカリーを購入! 娘と一緒に美味しいパン作り【941のイクメン徒然】 - 家電 Watch


遅ればせながら12月にやっとこさ見たんですが「君の名は。」よすぎましたね。いまどきっぽくテンポがものすごく早くて二度三度みないとよくわからない部分もあるのが特徴的。早くDVD出て欲しい。

というわけで、いわゆる聖地巡礼してきた。ポスターなどのメインになっているのは、色々あって四谷と信濃町の中間地点な須賀神社。公式サイトに詳しいアクセス方法が書いてあるのでどうぞ。
東京四谷の総鎮守 須賀神社 交通案内

四ツ谷側から行くとパン屋を左に曲がる、こういう看板もあるので迷わない



なるほど



地元の方が頻繁に通る



坂がかなりキツい


Appleのオンラインストアで在庫が出来た瞬間にすぐポチった。税込み \18,252
AirPodsを購入 - Apple(日本)

先に感想
・音質はそもそも期待していないので「iPhoneの付属品と同等」と考えてOK
・ケースが充電器の役割も果たすのでかなり長時間使えて便利
・無線がこんなにも便利だなんて思ってなかった、10M離れても余裕
・軽いけど普通にしてるぶんには耳から外れるイメージがまったくない
・だけどカバンやストラップに当たったら一発で落ちる
・ケースから取り出す時にしょっちゅう落としそうになる
・MacもiPhoneのスムーズに接続されるので未来感がすごい
・すごくいいけど値段がとにかく高い
・イヤホンのダブルタップが難しすぎて出来ない
・純正なのでバッテリー残量とか見えていいんだけどイマイチ設定とか呼び出しにくい
・電話はほとんどしないのでマイクは使っていない(マイクが本命らしい?)

半額だったら周囲にガッツリおすすめするんだけど、いかんせん高すぎるなあ。

Amazonにもいちおう商品はあるけど転売がひどい…




(どうしても付けてみたいというので音無しで3歳の娘に装着した図、さすがにサイズが合わない)

開封から使い始めまではとても簡単。ただし他に接続可能な登録済みBluetoothデバイスがあるとちょっとひっかかるかも。

YAPC::Asiaが一度終わってから運営がJPAになり、YAPC::JapanとしてRebootしたやつの第一弾がYAPC::Hokkaidoという認識。まぁとりあえず行くよねーってことで個人スポンサーチケットを買って参加したので軽めにエントリ。
YAPC::Hokkaido 2016 SAPPORO

行くついでにさくらインターネットさんの石狩DCにいつか行ってみたいと思っていたのでツテを辿ってさくらさんの広報の方に繋いでもらってOKもらって「せっかくなんでツアーっぽくして他の人も一緒に行けないですかね?」と言ってこれまた快諾いただいたのでイベントたてたのがこれ。
YAPC::Hokkaido 前日にさくらインターネット石狩DCを見学する会 : ATND

当日、天候不良やら成田から羽田に移動やら色々あって端的にいうと家を出たのが朝8時くらいで、YAPC::Hokkaidoの前夜祭に到着したのが夜の20時くらいだったので石狩DCは見学できなかった。残念。

というわけで着いた。










二次会いくぞー!と外に出たら雪。けっこう降ってる。


すっかり朝は冷え込みますな。くしいです。

行ってきたシリーズの141記事目です。今回は以前もご紹介した、幅広くクリエイティブに関わる事業を展開している株式会社ロフトワークさん。噂によると何やら増床して「そのうちビル一棟借りしちゃうのでは!?」ってレベルになっているらしいのでお邪魔してきた。なんか久しぶりな気がするなーと思ったら以前の記事から3年も経っていた。人生あっという間。

過去に行ったのはこちら
2013年12月18日 株式会社ロフトワーク に行ってきた!

ほい。オフィスが入っているビルの1FはFabCafeという名前のカフェになっていて、物づくり専用マシンが色々あるってんで有名なんす。んで、ハロウィン間近だったのでドクロ的な外観。かっこいい。
IMG_0401


柱に使われている木材は飛騨の職人さんの手作りだそう。近くで見ると美しさがハンパではない。
IMG_0409