GoogleDocs、便利ですよね。
エクセルを使ったことある人なら楽勝で使いこなせるでしょうが、あまり使う機会が
なかった人のために書いてみます。けっこう簡単です。

今回はライブドアブログのアクセスのページビューとユニークユーザーを合計してみる。
管理画面から「アクセス画面」に行くとデータが取れます。これをポチッとするとコピー。
01


このままだとGoogleDocsに貼っても使えないので、とりあえずテキストエディタに貼付け。
使ってるのはmiというエディタ。ダウンロードはこちらから。

現時点では ,(カンマ)でデータが区切られてる状態。
02


これを正規表現で置換。とりあえず改行が2個入ってて余計なので改行コード \r (windowsなら\n)を
指定して、改行2つを改行1つに。
03


これで余計な改行なくなった
04


次に ,(カンマ)を タブに変換。 , を指定して \t に置換。
05


とりあえずこれでGoogleDocsに貼付ける用のデータに出来た。
06


次にGoogleDocsへアクセス。 →https://docs.google.com/
「作成」→「スプレッドシート」
07


で、貼付け
08


うまいこと貼れた
09


で、合計の数値を出す関数を入れる。
メニューバーの「挿入」→「関数」 合計を出すのは SUM てのを選ぶ。
10


選んだあとにセルを選択すると、選択したセルの合計値が出るという仕組み。
11


で、入力されてるセルがPVが飛び飛びになっているので関数が入っているセルをエンターおして
入力しなおし。:(コロン)だと列とか行とか指定できて ,(カンマ)で区切るとセルを複数選択できる。
この場合だとB2とD2とF2を選択してる。この後、セルを選択してドラッグして条件をコピペするみたいな
機能が出てくるのだけど、「必ずこのセルを指定する」てのをしたい時は$ってのを入れる。
B2っていうセルを必ず指定したいなら $B$2 ってかんじで。
13


で、さきほどの「セルを選択してドラッグして条件をコピペ」というやつ。
セルの右下にマウスカーソルを持って行くと形が変わるのでそれをクリックしたまま右へドラッグ。
14


こんなカンジで1つ横のセルの合計として関数がコピペされた。
15


エンターを押して中身を見てみると1つずつセルが横にずれたのがわかる。
必ずこのセルは指定したい、という$B$2とかにしておいた場合はその部分だけ変わらずに合算される。
B2,D2,F2 の合計を出した関数をドラッグすると C2,E2,G2 となるけど、
$B$2,D2,F2 にしておくと $B$2,E2,G2 になるってかんじ。ちょっと難しいか。
16


これでPVとUUは1日ごとに合算が出たのでこれをそのまま1ヶ月分に適用してみる。
2つのセルを選択した状態でセルの右下にまたマウスカーソルをあてると形が変わるので
それをクリックして下までずーっとドラッグ。
17


こんなかんじ。
18


現時点の全体。
19


次に、1月の平均の値を入れてみる。適当に空白のセルを選んで
「挿入」→「関数」→ AVERAGE てのを入力。
20


入れたあとにセルを選択して、対象範囲をドラッグ。
21


そうすると選択した範囲の合計値を選択したセルの数でわって平均値を出してくれる。
とりあえず小数点以下が多すぎて気持ち悪い。
22


「表示形式」→「数字」を選んで好きなのを選ぶ。
23


で、「セルを選択してドラッグして条件をコピペ」をする。UUも平均値でた。
24


次に合計値。これはもう簡単。
メニューバーの「挿入」→「関数」 からさっきも使った SUM を選んで範囲を選択。
25


で、こうなる
26


セルの右下つかんでグリッと右にドラッグして完成。簡単。
27



で、このGoogleDocsはgmailのアカウントを持ってる人がいたら一緒に操作できる「共有」
ってのがあってとっても便利。使いましょう。
28




もっと色んなこと出来るのでこういう本とか読んでみるといいのかも。

クラウドで仕事術が変わる! Google超活用術 (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 385)
クラウドで仕事術が変わる! Google超活用術 (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 385)
クチコミを見る