スタートレックの最新映画が5月29日から公開される。
livedoorでは試写会に参加するブロガーを募集中だという。
livedoor Blog 限定キャンペーン情報 : 「スター・トレック」ジャパンプレミアの参加ブロガーを募集中! - livedoor Blog(ブログ)
もちろん俺も応募した。

ここ数年は特に目立ったトピックもないのでスタートレックについて
言及することがなかったけど、実はスタートレックが結構好きだ。
自宅の玄関はスタートレック一色だし、DVDも一部を除いてほぼ買ってる。
つうわけで今回は「スタートレックと私」と題して、俺のスタートレック観
というかそういうのについて書いてみたいと思う。
長文注意。



まず最初に、スタートレックと一口にいっても結構な種類がある。
放映順でいうと
・カーク船長とお馴染みスポックが活躍するTOS(The Original Series)。
・スキンヘッドのイケメンが「エンゲイジ」とか言っちゃうTNG(The Next Generation)。
・黒人の大佐がなぜか神扱いされながら辺境の基地を守るDS9(Deep Space Nine)
・なぜかもんのすごい遠くに飛ばされるけど頑張って帰ろうとするVOY(Voyager)
・惑星連邦設立からTOSに至るまでの経緯を描いたENT(Enterprise)
というかんじになる。


スタートレックとの出会いは中学生くらいまでさかのぼる。
ここらへんは公式サイトに投稿した内容を引用する。
スタートレックを知ったきっかけ
高校生の頃、夏休みを利用して1ヶ月ほどヨーロッパを旅しました。 イギリスでホームステイさせていただいたのですがその家には、同世代の男の子がおりすぐに意気投合。 「よし、じゃあいいもん見せてやるから部屋においで」と呼ばれて行ってみると彼の部屋はエンタープライズが部屋を飛び これでもかというくらいのフィギュアがズラリ。初めて見る異空間に驚き、強く惹かれてしまった私は 日本に帰ってきてから深夜の放送に釘付けになったのです。今ではシリーズ全てをDVDで所有してしまうほどスタートレック好きですが 「自分の部屋も彼の部屋のようにエンタープライズで埋め尽くしたい・・」という願望は未だに叶っていません。 いつかスタートレック部屋を作りたいと思ってます(笑)
STAR TREK/スター・トレック40周年記念サイト|ブログ|私の“スター・トレック��遏� First Contact

そうそう、たしかそうだった。
帰ってきてから夜中の番組表をチェックして熱心に見ていた。
多分TNGだったと思う。

大人気となったTOSの放送終了後から数えて約20年経ってから始まった
このTNGというシリーズは、時事ネタ・社会問題を取り入れつつも一本筋の通った
名作であり、以降続くDS9やVOYはスピンオフ作品扱いなくらいに重要な作品だ。
そして、俺もこのTNGというシリーズが一番好きだ。

この作品の主人公であるジャン・リュック・ピカードは俺の最も尊敬している
人物像であり、色々な意味でお手本にしている人でもある。
架空の人物であり脚本で作られているとはいえ、たいした人なんですよ。

このピカードという人は、惑星連邦という軍隊に所属している軍人で
役職は大佐、宇宙探査を任務とする航宙艦エンタープライズ号の艦長でもある。
まぁ軍隊なので上司もいるし部下もいる。いわゆる中間管理職だ。
だが、現場では日々様々な問題が勃発し、時にリーダーシップを求められ
時にくだらない人間関係のトラブルに巻き込まれ、部下の愚痴を聞き
時には命に関わる判断を瞬時に求められる。
戦闘の指揮のみならず、交渉にも長けているため外交官としても非常に有能だ。

当然、テレビのお話だから毎度大変な目に遭う。
部下になったロボットは自我に目覚めちゃうし、腹心の部下は女ったらしだし
見知らぬ敵対勢力に毎度戦闘を挑まれるし、他種族は野蛮極まりないし
未来のテクノロジーを持った謎の集団に出くわすし、そらもう散々。

だが、このピカードさんたらものすごい。
まずその決断力。一本筋が通ってらっしゃる。(頑固とも言うが)
次に交渉能力。いつも隠し玉をもってる。いわゆる「とっておき」だ。
そしてカリスマ性。その凛とした立ち居振る舞いと正義の心に周囲は
羨望の眼差しを送り、誰もがその存在感にひれ伏す。しまいにゃ戦闘部族である
クリンゴンの中枢をもグッと掌握して思いのまま動かせてしまう。
なぜか全知全能のQにも気に入られてしまうし、あぁ、ピカード様。てなもんだ。





後になって気づいたけれど、そんなピカードさんの生き様は、ディレクションを
おこなう立場の人間からすると非常に学ぶべき点が多い。
それは、物事には段取りが非常に重要だと感じる部分であったり
行動を起こす前に下調べを入念にしておくということだったり、奥の手を
仕込んでおく方法だったり、上司をも掌中でころがすことだったり。
というか、ピカードのしていることってディレクションそのまんま。
その全てを実践できているわけではないけれど、webのディレクターとして
まわりに認められた俺自身の背景にはピカードの存在が色濃くあるのは
紛れもない事実だったりする。その手腕のあまりの素晴らしさを伝えるには
やはり見てもらうのが一番であろうと言うことで仲間内のディレクターで
「こいつぁー伸びるぜ」と思った人にはTNGのDVDをセットで貸し出す。
1話が約40分でTNGだけでも178話あるから7120分。118時間もかかる。
貸す方も気長に待つが、やっぱり見終わるまで早くて半年かかる。
それでも、やっぱり見て欲しいと思う作品というか教本だ。



えっと、なんだっけ。スタトレが好きって話か。
そう、そんなかんじでとても好きなスタートレック。
以前勤めていた大企業ではスタートレックがきっかけで上司と仲良くなった
というのもあって感謝もしている。(結局その人は色々あってゴニョゴニョ)

またそれた。
スタートレックが好きなので、DVDを買いまくってグッズもちょこっと集めてる。
これがウチの玄関。まぁマニアというほどでもないけど多少ある。
スタートレックコレクション


少しずつ解説。

まずこの人形。これがピカード艦長。
スタートレックコレクション ピカード艦長


TNGのDVDボックス。1つが2.5万くらいで7本セット。
このでかいケースは購入者特典であたる代物。(最近だとだいぶ安い)
スタートレックコレクション TNG DVD


一度ざっと通して見ただけなんだけどDS9のDVDセット。
これは通常版だから結構安く揃えた覚えがある。
スタートレックコレクション DS9 DVD


最後のテレビシリーズだったENT。
結局最後は打ち切られちゃったけど好きだった。
スタートレックコレクション ENT DVD


映画もDVDで一通り。あと本も少し。
ピカードの「指揮官の条件」という本だけでも読む価値ある。
スタートレックコレクション 本とか映画DVD


ポスターも何枚か買っているけど、飾ってるのはピカードとデータが
大きく映っているNEMESISのやつ。こりゃよいものだ。
スタートレックコレクション ポスター


TNGのエピソードガイド。内容充実。必携。
スタートレックコレクション TNGエピソードガイド


DVDはこういうケースに入れている。
いちいちパッケージから取り出すと傷むしね。
スタートレック専用DVDケース


こっちは映画。
スタートレック専用DVDケース



まぁそんなかんじで、スタートレックに少しでも興味が沸いたら
是非TNGをオススメしたい。ほんっと面白いですからマジで。
(DS9あたりは湾岸戦争に突入している頃で、作品自体も恐ろしく暗いので
個人的にはイマイチ。暗躍モノが多いからそういうの好きな人ならいいかも)


あ、そうそう。
冒頭で言っていた夏に公開される映画の試写会は5月8日(金)まで募集
しているので、興味がある人は申し込み条件を読んで是非ご応募を。
livedoor Blog 限定キャンペーン情報 : 「スター・トレック」ジャパンプレミアの参加ブロガーを募集中! - livedoor Blog(ブログ)



だいぶ書き散らしちゃったなー。
なんていうか、スタートレック好きすぎる。



新スター・トレック TV傑作選 ピカード艦長ボックス [DVD]新スター・トレック TV傑作選 ピカード艦長ボックス [DVD]
出演:パトリック・スチュワート
販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2003-12-19
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


スタートレック指揮官の条件スタートレック指揮官の条件
著者:ウェス ロバーツ
販売元:ダイヤモンド社
発売日:2003-03
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


スタートレック ネクストジェネレーション コンパニオン新版スタートレック ネクストジェネレーション コンパニオン新版
著者:ラリー・ネメセック
販売元:ダイエックス出版
発売日:2005-02-18
おすすめ度:5.0
クチコミを見る