前回の記事が評判よかったみたいなので、今回はビリヤードの
もう少し深くて違う世界を紹介してみたい。
(前回記事へのツッコミは当記事の最後に補足)

ビリヤードと一口に言っても、実は3種類の競技がある。
・9ボールを代表する「ポケット」
・ポケットよりも台が大きく球が小さい「スヌーカー」
・そもそも穴がない「キャロム」
というカンジ。

今回紹介したいのは「キャロム」の世界で活躍し、愛されている
セミ・サエギナールの動画。

まずは自分が一番大好きなこの動画をご覧いただきたい。
動画が荒いのが非常に残念だが、ルールがわからずとも彼の愛らしい仕草や
素晴らしい手玉の動きがわかると思う。



さて、次にご覧いただきたいのが彼のこの動画。
こちらは高画質で時にスローモーションを駆使して手玉に加わっている
回転などもわかるようになっており、キャロムの奥深く華麗な世界を
垣間見ることが出来るかと思う。



さて、ここから少し解説。

今回紹介しているのは、台に穴がない「キャロム」という競技。
的玉をポケットに入れるのではなく、的玉に手玉をあてるという
ルールとしてはシンプルなゲーム。ポケットで使うキューに比べると
短めでシャフトが太いものを使うのも特徴で、これは手玉をグイグイと
テーブルの上で走らせる必要があるのでこうなってる。
また、手玉の大きさもポケットのものと比べるとやや大きい。

キャロムは自分自身ほとんどやったことがないので知識が浅いが
「手玉を第一的玉にあてた後に第二的玉にあてる。その際、手玉が3つ以上の
 クッションに入れると点数になる」というやつだと思う。

ビリヤードをやった事がない人でもちょっと考えれば
わかるかも知れないが、玉の動きというのは物理の法則に則って動くので
クッションの入射角と反射角は基本的には等しくなる。
が、手玉の上や下、右や左を撞くことにより「ヒネリ」を与えて
その法則を一部変えて手玉をコントロールしている。
(ポケット競技でもよく使われるが、キャロムの場合はもっとスゴイ)

キューを独特のフォームで構える「マッセ」という撞き方をする。
動画を見れば一目瞭然だが、この撞き方をすると
「クッションにあてずとも手玉の進行方向を変えられる」という
何を言ってるかわからねーと思うが俺もなにを言ってるかわからねえ
状態に出来ちゃったりするのである。
とても難しいうえに失敗すると大惨事なのでよい子はマネしちゃダメである。
ひらたく言うと、初心者は普通に撞いてください。

他にも沢山動画があがっているので探してみては。
まじでスゴイよ。




競技についてとか補足しておくと、日本のビリヤード人口の8割以上が
「ポケット」で、残りの2割くらいが「キャロム」と「スヌーカー」になる
気がする。(要ソース)
都内では比較的キャロムの台があるお店もいくつかあるけれど
スヌーカーの台は新宿のサムタイムくらいでしかお目にかかれない。
これはメンテナンスにかかるコストと、設置するのに必要なスペースの
問題もありそうだけど日本でのビリヤードブームが全てポケット競技だった
ためにこういう状況になっているのかなと思う。
(ハスラーとかハスラー2とかスマスマとかかな?)

キャロムは先にあげた3クッション以外にも「アーティスティック」
というのがあって、決められた形の置かれた状態であてられるかどうかを
競うというのもあってこちらもすごくカッコいい。
日本でキャロムといえば町田正プロという人がいて、世界ランクにも
入るくらい有名だったりする。自分がビリヤードを最初に始めた八王子の
お店にたまに遊びに来ては「どれ、貸してみ」と一発でL字マッセをきめたり
しちゃうすごい人。まじでカッコよすぎて言葉が出なかった覚えがある。
町田さんくらいのレベルになると、普通にキャロムの台でやれば当然なんだろうけど
ポケットの台で、ポケットのキューで、ポケットの玉で、一発で、決めちゃうんだから
ハンパじゃない。すごすぎる。ポケットはそろそろA級と言ってもいい
くらいのレベルなので、いずれキャロムもやってみたいな。


■前回記事への補足
スヌーカーの方が神懸かりショットは多いじゃん? について

ですね。スヌーカーの撞ききり(?)とか超すごいです。
ポケットとはまた違う迫力がある競技なのでいつか書きたい。
(ビリヤード史上という括りがよくなかったのは反省点です)

入れた後の配置は考えてなかったのでは? について

あてるだけならもっと違う撞き方になるはずなので
やっぱりここは「イレにいってる」と思います。
で、この強さと厚みでいけば「イレたら出る」撞き方なんですよね。
なのでこりゃもう入れた後のことも考えているはずです。
押しとヒネりが絶妙すぎて何度みても震えます。






ハスラー 2 [DVD]ハスラー 2 [DVD]
出演:ポール・ニューマン
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006-01-25
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


本格的シリーズ ザ・マスターオブビリヤード3D本格的シリーズ ザ・マスターオブビリヤード3D
販売元:アンバランス
発売日:2008-10-17
クチコミを見る