球屋で仲良くしてもらってる人に誘われたのでホームパーリーに行ってきた。
内垣さんというビリヤードのプロの人なんだけど、だいぶすごい。
ビリヤードのプロ協会JPBAの2008年東日本ランキング1位だったり
世界選手権2007では、9ボールの神様レイズを全世界テレビ中継でやった試合で
勝っちゃったりしたりする。

その時の入場シーン


レイズを知らない人のために一応解説しておくと、ビリヤードをやってる
プロアマを全部あわせてアンケートをとったら80%くらいが「尊敬するプロ」
として名前を挙げるのは間違いないだろうと言えるくらい影響力が強くて
数々の伝説を残している人。
彼の地元のフィリピンでは大統領の次に尊敬されているとも言われている。
手玉のコントロールの素晴らしさから「マジシャン」とも呼ばれているが
そのあどけない表情から「バタ(子供)」という愛称もついている。
なので、名前が エフレン・バタ・レイズ ってわけ。



まぁ、その神に勝っちゃった内垣さんは神を超えた存在であるのは
異論の余地などないところではあるんだけど、球仲間の皆と一緒に
酒飲みながら色々と話を聞いているとやっぱり勝負の世界にいる人ってのは
すげーなーと思った次第。



寡黙で真面目な彼の中にはやっぱり熱い情熱があって、それが垣間見られて
とても楽しかった。あと、普段球の話しかしないのでよく知らなかった仲間達が
某大手メーカーで働いてて広報やってたり、会社つぶれてニートになってたり
音楽系のプロダクション経営してたり、馬を200頭もってる馬主だったりで
色々な業界の人がいるもんだなーと思った。

ビリヤードはもっとメジャーになって欲しいなぁ。
まぁ時間かかるから、マトモな大人にはあんまりオススメ出来ないのだけど・・・。