もうタイトルで言い切った感あるんですけどね。Webの技術系イベントでは最近よく使われているのでメジャー感がすでにありますけどあらためて紹介。



dots.とは、2015年8月1日にOPENしたばかりのエンジニア同士の技術交流を目的としたスペース。個人やコミュニティー主催の有志の勉強会には無料でイベント会場を貸してくれちゃうという超いいかんじのスペースなんですな。(企業での利用は有料)

サイトはこちら
イベント&コミュニティスペース - dots.[ドッツ] in 渋谷

・渋谷駅徒歩3分
・最大着席 250名
・釣り式の大型3面スクリーン、サブモニター2台完備
・懇親会での飲食可能(大型冷蔵庫あり)
・wifi 完備(無線、有線あり)、電源もちろん完備

どうですか、イベントスペースとして最強でしょう。勉強会とか無料でここまでやってくれちゃうんですよ。すごすぎる。もう全部ここでやったらいい。

で、実は昼間の貸切りイベントがない限りはコワーキングスペースとしても利用可能で、こういう料金形態。エンジニアじゃなくったって利用できちゃいますよ。そこのブロガーさんやフリーランスの方々、いかがですか?(オフィスから近いので私はコワーキングスペースとしては使ったことないんですけどね!)



そしてそして、コワーキングスペースとして通常は1日利用2500円のところを500円で利用出来る!というFriendshipカードってのが今度はじまるそうです。応募して抽選で当たるという仕組みらしいけど、かなりの確率で当たると思いますので皆さん是非応募してみたらいいんじゃないでしょうか。カードはこんなかんじ。



申込はこちら。今日17時から申し込めるらしい。
dots.コミュニティスペース「Friendshipカード」プレゼント抽選会 - dots. [ドッツ]


というわけで、どんなところか紹介しちゃいます。

場所は公園通りの渋谷駅側入り口あたり、AppleStore近く、Disneyストアの隣のビルです



緑がみどりみどりしている



8Fにあがるとオシャンな雰囲気



看板をよーーーく見るとRubyの生みの親であるMatzさんのサインが!



dots. のスタッフさんが優しく出迎えてくれます



直近の利用予定が書かれていてわかりやすい、ちなみにオンラインでも確認可能



カウンターには dots. のグッズ以外にも、過去に会場を利用したと思われる企業のグッズが並ぶ



こういった雰囲気でスカッと広い



コワーキングスペースとして様々な用途に対応できるようにエリアが色々とわかれているらしい



バーカウンター的なところはスタンディングデスクとしても使える



言語とかミドルウェアの名前がタグでずらずらーっと並んでいて、著名人のサインとかがある



Gitのところには共同創業者のサインが!どんなコネがあるの。。すごい。。



大型冷蔵庫があるのでイベント利用時にドリンク冷やしてもらえたりする。なにそれウルトラありがたい。



コーヒーマッスィーンは1杯100円で利用可能。紅茶も飲めるよ。



自販機もあってチョイ安



長めのテーブルがあるコーナーにはステッカーとかがフリーダムに置かれており、持って帰っていいらしい。自由だ。



以前お邪魔したSansanさんの名刺スキャンが無料で利用できちゃう素晴らしいやつ。



ここはゴロ寝可能だという土足禁止エリア



特注だというソファーは奥行きがかなりあるので様々な使い方が出来そう



会場のスタッフの方が持ち込んだという私物のWiiUとかがあって凄い



こちらの大型なL字型ソファーも特注だそうで、肉厚でしっかりした座り心地



キャスター付きなので移動も簡単。特注ってこういうところがいい。



足元を見るといたるところに電源があって「わかってるな!」というかんじがある



イベント利用を想定して作られているステージはスクリーンが3枚ある



普段はリラックスして作業できる雰囲気で、ソファーなどはかなりこだわっているそう




超単焦点のプロジェクターが欲しすぎる



司会台がすごくアピってくる



司会台の足元には、電源、LANケーブル、HDMIまで完備



いやー、広いなあ。250人くらい座れるらしい。




dots. の d



階段状になっている観客用スペース



ズゴゴゴゴっと移動できて



じつは収納スペースになっていて便利すぎる。



階段の席から見たかんじはこんな雰囲気。天井モニターもあるので後ろで見やすい。



円卓もおしゃれ



後ろは大きなホワイトボードになっていて会議利用も想定されている



移動式の縦型ホワイトボードも複数完備されていて、目隠しにも使えそう



椅子はもう唸るほどある



会場の音声と映像は全て一旦こちらのコントロールエリアに集められる。シールがまだまだ貼れそうなのでみんな貼ってみたらいいんだと思います。



一般的なプレゼンなら全てカバー出来そう



窓側のカウンターテーブルはコワーキングスペース利用時は会話禁止エリアになるそう



すごいですねぇ、皆さん使ったほうがいいですよ。

=================================
LINE@ で更新情報お届け中→友だち追加数
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader
ついでにフォローしちゃう→