インフラに金をケチるのはよくないと思ってるんだけど、自宅と会社ではWi-fi接続なので大手キャリアのプランだと毎月のデータ量を使い切れないし契約の縛りが色々とあって息苦しいのもあり思い切ってMVNOにした。マイナーと思っていたらもう400万回線なんですってね。すごい。

自分と奥さんのぶんの2回線でそれぞれiPhone6 Plusを使っていて、一括ではなく月賦だったので端末代金も含めるとだいたい毎月18000円。途中で端末代金を払い終えて月々割りも適用されなくなるとして、丸2年後には42万3100円になる計算。MVNOにするとなるとiPhone6Plusを発売すぐに買っているのでSIMフリー化できないのでiPhoneを2台とも6sに新調して違約金やら転出料やら払ってキャリアで買ったiPhoneを売ったりして、毎月の通信料は4000円ちょいになるはずなので諸々計算すると丸2年後には32万5000円くらいになる試算。 おお、端末新しくしたうえに2年で10万円も安い。これはやるっきゃない。 というわけでやった。ちなみにSIMフリー端末が既に手元にあったりするならもっともっと安くなる。

こんなパッケージでSIMを受け取る



感想としては
・通勤時は重いと聞いたけど体感では普通
・謎の理由で使えないことが多かったSMSがサクサク届く、便利
・1世代しか違わないけど最新のiPhoneは動作がサクサクで最高
・5.5インチから4.7インチになったのでめちゃくちゃ軽く感じて最高
・1つの契約でSIM3枚まで分け合えるので寝かせてるAndroidも使えて最高
・年齢認証つかえないらしいけどLINEは既に認証済みなのでID検索できるっぽくてラッキー
・テザリングも出来るらしいので特に困ることはなさそう

というわけで最高です。日本でここまでブロードバンドやスマートフォンが普及したのは大手キャリアの皆さんの努力の賜物なので感謝しつつ、MVNOも最高なので個人的にはよかったなと思っております。


さて、では具体的にやった手順。
MVNOも色々あるけど、DMMとIIJ mioの2つくらいしか選択肢がない。(沢山あるように見えるけど裏側はこのどちらからしい)じゃあまわりに使っている人も多いのでIIJ mioにしておこう。こういうのはまわりに聞ける人がどの位いるかも大事なのでこだわりがないのであればマジョリティでいこう。

「2回線のうち1回線を先にMNPして、奥さんが持っているもう1回線を後日自宅でMNPしたい」というのをどうやってやったらいいのかわからんなーと思ってIIJ mioのサイトを見ていたらビックカメラと提携しているらしい。窓口を設置していて相談出来るらしい、なるほど。とりあえずMNP予約番号が必要らしいのでキャリアに電話してMNP番号を発行してもらった。

その前に端末を用意しないといけないので会社帰りにAppleStoreにいって「SIMフリーのiPhone6sを2台くださいな」と言って購入。発売からけっこう経っているのですぐに買えて便利。(なはずだったけどカード会社の不正利用防止チェックに引っかかったようで1時間ほど無駄に待たされた) 64GBなので2台で21万円ちょい。一括で払うのはシビれるものがある。



翌日、ビックカメラの開店と共に入店。「2回線のうち今日1回線をMNPして後日もう1回線をMNPしたい」と伝えたところ、「とりあえず今日1つやって、開通後にオンラインからもう1回線の申込をする。後日SIMが郵送されてくるので自宅で切り替えたらいいよ、手数料が多めにかかるけどね」ということだった。1日ずっとスマホが使えないのはつらいので手数料と手間はよしとして進める。

まずはMNP予約番号、名前などを書いて店員さんがどこかに電話して手続きに問題ないか確認。その間、MVNOにするにあたっての注意事項を沢山読んでサインなどをする。(年齢認証は出来なくなるよ、とか電話はLINEとかの無料通話アプリ使うといいよ、とか)

ビックカメラの専用端末っぽいもので申込をその場でするけど、どう見てもiPadでブラウザを開いているだけ。販売員モードみたいなのがあったから本当に専用アプリなのかも知れない。名前やカード番号なんかを入れていき本人確認書類としてiPadで免許証を撮影してアップロード。端末の予測変換に残るのが気になったので途中で「これ入力の履歴残らないんですかね?」と聞いたら「残らないようになってます」とのこと。(終わったあとに辞書のリセット、カメラロールのチェックがあっただけだった)

申込完了までが30分ほど、SIM作成に30分ほどで合計1時間ほどで手続きは完了。簡単だった。

初期にかかる費用で4000円弱を支払い。申込を終えるととりあえずこういうものがもらえる。「これをお渡しした後のサポートは全てIIJになりますので」と念押しされる。すみ分けがあるらしい。




SIMはこんなかんじ。ドコモの通信網を使うのでドコモ印。




「開通はご自分でお願いします。こちらに書いてますので」と言われたので見ておく。プロファイルを登録するだけらしい、簡単だ。



というわけでセットアップ。新しいiPhone。




SIMが出来るまでに暇だったので購入したパワーサポートのアンチグレアフィルムにApple純正のシリコンカバー。保護フィルムは色々貼ったけどパワーサポート以外に貼る気がしない。(ガラスは苦手)



新品ですぐに保護フィルム貼ると楽ちん



SIMを挿す順番次第ではSIMロックがかかるという話があったので「バックアップから復旧してSIM挿してプロファイル登録すればええやろ」と思い、とりあえずiTunes立ち上げて新品を繋ぐ。SIMが最初らしい。そりゃそうか。(SIMロックかかる云々はどうやらキャリアが販売している端末の話?真偽不明)



iPhoneの電源を入れたら同じくおこられる、素直にSIM挿入



バックアップからデータを復旧し、プロファイルを登録して完了。右が新しくなったほうだけど、なんだか画面が暗いし色味が違う気がする。これホントかな。なんでだろ?(両方とも輝度はMAXで同じ保護フィルム)



つづいてクーポン管理するアプリをダウンロード。ファミリーシェアプランという10GBのプランのはずなのに約半分しかなくておかしいな?と思ったら申込日の日割りで容量が割り振られるらしい。なるほど。



で、速度。帰りの山手線、20時の原宿駅ホームでこんなかんじ。動画とか見なければ余裕の速度。



朝、自宅でWi-fiを切って計ってみたらこのくらい。じゅうぶん実用範囲。




というわけで乗り換えた話でした。店舗いきたくないズラって方はMNP予約番号を発行してもらって、IIJ mioとかのホームページで申込。するとSIMが届くので自宅で切り替えたらいいんだと思います。(スマホ使えない時間が実質ゼロで出来るはず)

いやはや、すごい時代だ。ありがたや。



=================================
LINE@ で更新情報お届け中→友だち追加数
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader
ついでにフォローしちゃう→