さてさて、行ってきたシリーズ 114記事目となる今回は、以前もお邪魔したことのあるスマートニュース株式会社さんどす。最近はお引越しされたら真っ先にお声がかかってありがたいかぎり。それにしても、あれからもう2年経ったのか…人生あっという間すぎる。

前回のはこちら
▼2013年11月06日 スマートニュース株式会社 に行ってきた!

代表取締役会長CEOの鈴木さん自ら陣頭指揮をとったというオフィス移転(オフィスデザイン統括ディレクターとして江原理恵さんが協力)、自らのプロダクトを表現しつつ、こだわりが詰まっていながらもコストは抑えているという素晴らしいものでした。いやはや、IT系オフィスづくりの1つの区切り的なものじゃないでしょうか。すごかった。

IMG_0550


受付、シンプルでかっこいい
IMG_0000


ロゴどどどん
IMG_0001


すでにオシャレな雰囲気がすごい
IMG_0010


共同CEOである浜本さんが「どうしてもネックストラップはしたくない!」と宣言した結果導入されたのが、こちらの顔認証。めちゃくちゃ便利ですごい。試しに自分の顔でやってみたけど勿論ダメだった。
IMG_0020


入るとウェイティングスペースを兼ねた打ち合わせスペース。来客でも社内用でも用途は限らないという自由なエリア。
IMG_0080


合う椅子は人それぞれ違うから、という理由で様々な椅子がある
IMG_0081
IMG_0085
IMG_0086
IMG_0088


コルビジェ ソファはとっても使い込まれている様子、理由を聞くとほとんどの家具は中古で揃えることでコストをかなり抑えているんだとか。すごい。
IMG_0083


こちらのファミレス席は引っ越し前のオフィスと同じもの。前回の紹介をして以降、ファミレス席を導入するオフィスが増えた気がする。
IMG_0089


こちらのファミレス席は「あぐらをかきやすいように」と座面がかなり広くなったバージョンを作りなおしたもの。試しに座らせてもらったけどウルトラ快適。
IMG_0090


こちらのエリアに併設されているコーナー
IMG_0097


厨房もあってランチの仕込みなんかをしていて、目の前にはカウンターテーブル。ランチ提供はスマートニュース創業の地でもある渋谷 桜丘にあるカフェ「daylight kitchen」のスタッフの方が毎日来てモリモリ作っているんだとか。本気と書いてマジや…。
IMG_0100


誰かが働いている姿って美しい。ずっと見ていられる。
IMG_0110


それにしてもこの厨房、飲食店と遜色ない。すごいなぁ。
IMG_0120


こちらにあるのは将来的にコーヒースタンドとなる予定のエリア。バリスタが常駐して美味しいコーヒーを提供してくれるとのこと。もうオフィスから出たくないよ…
IMG_0101


大きな通りに面しているのは会議室ではなくインタビュールーム。打ち合わせなどはフリースペースで行うことを推奨しているということで採用面接などで使うそう。
IMG_0121


こちらの扉があるのはフォンブース。海外とのテレビ会議や集中して作業したい時に使う。
IMG_0200


中はこういった雰囲気。籠もり部屋、好きです。
IMG_0210


オフィス全体に言えることだけれど、基本的に壁が少ない。そして柱と壁は基本的に全てホワイトボードになっている。
IMG_0220


壁が少ないのは理由があって、オフィスを作る時に大きく費用がかかるのが壁なんだそう。壁を取っ払ってエリアの用途を決めず、なめらかに動きのあるオフィス。コスト削減にもなっていてすごいぜ… 象さんが可愛いぜ…
IMG_0240


「よっしゃよっしゃ!ホワイトボードってことで書いておきますか!」とすごい勢いで代わりに書いてくださっているのは代表取締役会長CEOの鈴木さん。
IMG_0250


せっかくなので油性にしてもらえばよかった、しまった。
IMG_0260


木工室の椅子も健在。
IMG_0262


ソファーの並ぶエリアと執務エリアの間にあるのはニューススタンド。ハイチェアに座ったり、スタンディングデスク的に参加したりとよい雰囲気。
IMG_0281


執行役員の藤村さんが雑誌などをセレクトされているそう。多様なジャンルが揃っていてすごい。
IMG_0282


ドリンクは様々な種類が取り揃えられていて全て無料
IMG_0310


フルーツも無料ですよ皆さん
IMG_0320


冷蔵庫の上には地球くん。
IMG_0300


看板もあってお店っぽい
IMG_0290


日本だけではなく世界中の新聞や雑誌があり、スマートニュースというアプリの裏にある壮大な世界観を感じるような気がする。すごい。
IMG_0341
IMG_0342
IMG_0343


雑誌の下にある引き出しには紅茶やお菓子などがあって無料
IMG_0390
IMG_0391


コーヒーマシーンかっこいい
IMG_0400


ファミレス席がこちらにも設置されていて
IMG_0430


足元にはMacの電源ケーブルがニョキっと生えている。便利だ。
IMG_0450


ここから先は執務エリア。そして片隅には保護(まもる)くんが!!!! 超かわいい箱は象さんの入っていた空き箱です。
IMG_0270


こんなところでも活躍しているんだね保護くん… あんたすごいよ…(とにかく保護くんが好き)
IMG_0280


こちらが執務エリア。手前はなんとなく編集部っぽい空気もありつつ、奥側はフリースタイルゾーンと呼ばれるエリアになっていて色々ミックスされた雰囲気。
IMG_0460


なんともよい。天井部の配線が美しいのも注目ポイントだ。
IMG_0550


フリースタイルゾーンは一段高くなっていて靴を脱いであがるところ。この時はちょうど大学の先生が来て機械学習についての講義が行われていた。自由さがすごい…
IMG_0470


ゾーンの名前に負けず、皆さん本当にフリースタイル
IMG_0480
IMG_0510


ハンモックもあるでよ
IMG_0500


地球くんと鈴木さん
IMG_0490


ソファーも置いてあって座りながら作業も出来ます
IMG_0520


姿勢がいいなぁと思ったら共同CEOの浜本さんだった。笑顔がいつも素敵。
IMG_0530


ロッカーも完備
IMG_0610


コートハンガーは2段になっていてよく考えられているなーと妙に感心
IMG_0611


ロッカー近くにはスタンディングデスク的なエリアがあったり
IMG_0612


なんだか漫画喫茶っぽい個室エリアは集中ルームという名前
IMG_0620


聞くと、スマートニュースは漫画喫茶で作業してプロトタイプを作ったということで漫画喫茶っぽい個室を作ったんだとか。たしかに集中できちゃうから不思議。
IMG_0630


ここから先は別フロア。イベントスペースと会議室スペースがあったりする。こちらにも顔認証システム。
IMG_0690


入るとドカーンと広いイベントスペース。240人ほど入るそうで、ランチタイムになると皆さんここで社食を食べるそう。
IMG_0700


椅子がもうオシャレなんです
IMG_0707


めたんこ広い
IMG_0708


後方エリアでも見やすいようにモニターが2つ設置されている。
IMG_0709


こちらの壁もホワイトボードになっていてプロジェクターでスライドが投影出来たりする
IMG_0730


前方にあるステージではプレゼンをしたりトークセッションをしたり自由自在
IMG_0702


「なるほど、地球くんはどう思いますか?」 そろそろ地球くんぬいぐるみ欲しくなってきた
IMG_0701


冒頭にもあったようにランチは桜丘にあるカフェ「daylight kitchen」の専門スタッフによって準備されていて、そろそろお昼だなーという時間帯になるとこんなかんじで盛り付け例が出る。
IMG_0821


現在ではだいたい50人くらいの方が食べるそう。かなり広いので余裕があってランチを楽しめる。
IMG_0810
IMG_0823


まずこのトレイとお皿を持ってですね
IMG_0820


副菜とかメインとかを取っていくスタイル。
IMG_0825
IMG_0826


で、交互に並んでいるので左右から同時に盛り付けることが出来るという並列処理が実現している
IMG_0828


地球くんと一緒にいただきます!ヘルシーで大変おいしかったです。メニューは毎日変わるそうなので飽きないだろうし凄い取り組みだ。
IMG_0829


こちらは自転車置場、自転車通勤の方も多いそう
IMG_0850


空気入れも完備で色々やさしい
IMG_0880


廊下をぐいぐい進むと会議室スペース、なんともアカデミックな雰囲気を感じる
IMG_0890


完全に閉ざされた部屋は基本的に無い
IMG_0891


椅子や机の素材が部屋ごとに変わっている
IMG_0892
IMG_0893
IMG_0894
IMG_0895


こちらは大人数での会議が必要な際などに使う部屋
IMG_0896


壁には超短焦点プロジェクターが2台あり、ニューヨークとサンフランシスコにあるオフィスと3拠点をつないで会議をしたりする。
IMG_0897


こちらの部屋はチューリングルーム。なにをチューリング?チューニング??と思っていたら、イギリスの数学者であり暗号解読者でありコンピュータ科学者であるアラン・チューリングに関連するものを集めた部屋だそう。なんだか凄いことになっちゃったぞ。
IMG_0908


地球くんが渡してくれたのは一冊の薄い本
IMG_0907


これは一体…?
IMG_0909


このチューリングルームを作るまでのプロセスを共有することも大事ということで、どのような考えで作られたのか、本棚はどういった設計思想であるかなどが丁寧に書かれていた。他の会議室もいずれはテーマ別に本棚を作りたいとのこと。すごい。
IMG_0910


チューリングに夢中すぎてチューリングの人物画まである
IMG_0913


チューリングといえばドイツのエニグマ暗号を解読したことで有名。これはエニグマのレプリカで、イギリス出張の際に買ってきたそう。箱は手作りですぞ。
IMG_0914


ちゃんと動くとのこと
IMG_0920


エニグマの横には万能計算の起源と言われるチューリングマシンの論文が飾られていて
IMG_0950


隣にあるリンゴのマークの本は、チューリングのお母さんが書いた異色のチューリング伝。極めるとここまで来てしまうのかというコレクションの数々に圧倒される…(ちなみに発売されているのは英語版のみ)
IMG_0960






はい、というわけでスマートニュース株式会社さんの新オフィスでした。いやはや凄かった。もうすごいとしか言えなかった。オフィスづくりに込められている情熱などは鈴木さんのエントリでじっくり読むことが出来ますので併せてどうぞ。
仕事する身体−−スマートニュースのオフィス移転物語


さーて、次はどこへ行っちゃおうかなー!

=================================
LINE@ で更新情報お届け中→友だち追加数
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader
ついでにフォローしちゃう→