家電を導入する際、小さな子供がいる家庭で最も大事なのは安全性なわけです。そういう意味でDysonの「羽根のない扇風機」ことエアマルチプライアーはウルトラ重宝している我が家。なかなかのお値段だけど安全と耐久年数を考えると満足度が高い。

さて、昨今は安全性だけではなく機能性や健康面への配慮までしてくれちゃってることでグイグイと売上を伸ばしているDysonさんが「新製品でるよー」と発表会に招待してくださったので行ってみた。この秋から発売されるのは2つ。
・空気清浄、涼風、温風が1つになった1台3役な Dyson Pure Hot + Cool(11/05 発売)
・新たなクリーナーヘッドを搭載したキャニスター型掃除機、Dyson Ball Fluffy(10/23 発売)



個人的にブッ刺さったのは、なんといっても Dyson Pure Hot + Cool の方。


ハウスダストと花粉系のアレルギーが実装されている自分の体にはPM2.5よりも遥かに小さいPM0.1クラスの超微小粒子まで99.95%除去してくれる空気清浄機能はありがたすぎる。そしてこれからの季節、2歳の娘と川の字で寝ている寝室に最適な予感がビンビンする。超期待。




それと、「アレルゲンへの除去には強力な吸引力が必要だ」というメッセージと共に紹介されたDyson Ball Fluffyは、すでに発売されているコードレスクリーナー(いわゆるスティックタイプ)で搭載されているソフトローラークリーナーヘッドをキャニスター型に付属するというもの。「吸った空気よりも綺麗な排気」なのも売りだったりする。



我が家はすでにDyson V6 フラフィを使っているので、このソフトローラークリーナーヘッド&綺麗な排気にはとても助けられているのためキャニスター型の発売はかなりよいなあという印象。「最新のダイソンは最高の吸引力、最高の集塵力」ということを毎度メッセージとして伝えてくれるので安心感がある。



いずれもAmazonなどで予約受付中。Dyson Ball Fluffyの赤い方は付属品が多い。



そんなかんじで、イベントの様子は以下。
ドドンとキャニスター型が鎮座



配布された資料と一緒に入っていたのは、同じくPureなevian



色鉛筆も1台3役をイメージさせる内容



今までに登場したDysonの掃除機を紹介



コードレスタイプの登場から、グイグイとシェアと売上を伸ばしているそう。すごい。



アレルギー疾患への効果



ソフトローラークリーナーヘッドめっちゃええで的な話題



どのくらい効果があるか他社製品と同時に吸い込むというデモ。



結果は明らか



「他社のプレミアム掃除機は説明されている機能を果たせていない」という第三者機関による試験結果、吸引力が変わらないのはダイソンだけ。




つぎに、Dyson Pure Hot + Cool の紹介。空気清浄機、温風暖房機、扇風機、それぞれを出しておくのは場所も取るしシーズンごとに入れ替えが必要で大変だよね。



Dyson Pure Hot + Cool は1台で3役こなすうえにコンパクトだから出しっぱなしでいいよ



モード切り替えで色んなタイプの風を送ることが出来るから効果的に温めたり冷やしたり出来るよ



PM2.5が話題だけれどPM0.1等のように、もっと小さい有害微粒子が世の中にはある。そしてそれを99.95%除去できる




有害微粒子がどのように有害なのか、池袋大谷クリニックのドクターが登壇し説明してくださった





そんなかんじで、掃除と空気清浄がとても大事なのだと丁寧に学べた発表会でございました。次は加湿機能も加わって1台4役のハイパーなマルチプライヤーが誕生してほしいところ。




=================================
LINE@ で更新情報お届け中→友だち追加数
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader
ついでにフォローしちゃう→