MacBook Air (11-inch, Mid 2013) から MacBook Air (13-inch, Early 2015) に買い替えた話。

基本的にMacは2年おきに買って前のモデルのを売るというサイクルにしていて、2年くらいならスペック的に最新OSでも実用に耐えるし2年前のものでも高価に買い取りしてくれるのでオススメ。1年でもいいんだけどそれだとせっかちすぎるので2年おきくらいが丁度いい。売る前提なのでCTO(custom-to-order) で「いっちゃんええやつ」にしておくとスペックも満足だし買い取り価格も高いのでよい。

今回は11インチから13インチに初めて変えてみたけど、今回の買い替えは新型もあったのでこういう理由。
  • 新しいMacBookは非力な印象が強くて選択肢に入らない
  • 新しいMacBookのタイピングは慣れれば気にならないかなという程度
  • 感圧タッチトラックパッドは「どこでもクリック出来る」だけで魅力を感じない
  • SDカードの抜き差しが頻繁なのでスロット欲しい(11インチにはない)
  • SSDが128GBモデルだと画像・動画編集の素材テンポラリとして少ない、256GBにしたい
買うの決めた後にこういう記事読んだり。
ASCII.jp:今こそ「MacBook Air」が買い時! 新13インチは完成度が高い!! (2/4)|新MacBookとApple Watchを知る

13インチにしての印象は
  • 思っていたよりもデカい、重い。でもすぐ慣れた。
  • 本体が大きくなってキーボードの幅も変わって、これはちょっと慣れるのに時間かかりそう
  • SDカードスロットまじ便利
  • 前に使っていたモデル比で、ファンがうるさい

MacはTimeMachineのおかげで移行が楽すぎてWindowsもこういうかんじにしてほしいもんだ。1つ1つアプリをインストールし直しとか今思うと悪夢でしかない。自分用メモとしては、移行したあとにこれやらないといざって時困る
・再起動(ログイン後の自動実行が有効か)
・一通りのアプリ起動(Adobe、Office系が認証しなおし必要だった)

保護フィルムはヨドバシで貼ってもらおうとしたら「PCは3080円です」って言われて、ポイントあるしやってもらおうと思って持って行ったら「1時間かかります」と言われて断念し自分で貼った。

貼るのは前に書いたけどこんなかんじでやる。
保護フィルムを完璧に美しく貼る3つのステップ(MacBook AIR 11"に貼ってみた) - 941::blog
買ったのはこれ。画像ではMacPROだけど実物はAirの13インチに最適なので問題なし。


相変わらずフィルム1枚がペロッと入ってるだけ



20分くらいかかって完成。貼る時にフィルムが折れちゃって後がのこった。しょぼん。




だいぶどうでもいいだろうけど MacBook Air (13-inch, Early 2015) 開封したときのやつ

メモリ8GBは店舗で売ってないのでAppleStoreで購入、4日くらいで届いた。





メモリだけじゃなくCPUもマシてやったぜ、早いぜ



ピカピカ、でかい



カバーを剥がす



なるほどですね



同梱物はACケーブルのみ。再インストール用のCDやUSBメモリの類は2011年からはいってない。



ACケーブルは延長用が入ってる



前のモデルのTimeMachineバックアップが入ったHDDをぶっさす



楽ちん




SDカードスロットが大変便利




以上。


=================================
LINE@ で更新情報お届け中→友だち追加数
フィードの登録はこちら→follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader
ついでにフォローしちゃう→