1月6日から始まった LINE TAXIを使ったよという話。自社が提供しているサービスなので手前味噌感ありますけどね!だって便利なんだもん!

さて、こちらです
【LINE】タクシー配車サービス「LINE TAXI」、東京版を公開 | LINE Corporation

使い方は簡単。LINEを立ち上げて「LINE Apps」にある LINE TAXIを選択。
最初にクレジットカード(LINE Pay)の登録をしておけば、あとはキャッシュもサインも無しでタクシーに乗れちゃう。

タクシーを呼びたい時は、LINE TAXIの画面を開いて



「指定する」を押すだけ。配車可能なタクシーの位置がリアルタイムでわかったり、待ち時間の目安も出るのでわかりやすい。向かっている最中もどこにいるか表示されるのでイライラしなくてすむ。




タクシーが到着したら名前と電話番号の下4桁を伝えて乗車。降りる時はサインも会計も不要で素晴らしい。

使ったのは週末で、駅からちょっと離れたところだったけど数分で到着してサッと帰れたのでとても便利だった。運転手さんに「ネット経由での配車はどのくらいありますか?」と聞いたら「今日で2軒目」とのことだった。徐々に使われてるのかなー。

こんなかんじで履歴が見れたり



配車できなかったよーとか、今からいくよーとか、決済終わったよー、とか都度LINEしてくれる。(配車料金は通常の配車と同じでこの時は400円くらいかかった気がする)




キャッシュレス、サインレスはとても便利で、実際こうなってみると「これが当たり前」に思えてくる不思議。設定だけすれば後はグイグイとサービス側から進捗状況しらせてくれたり、決済手段わかってるから降りる時なにもしなくてよかったりで、ここでタイトルの真の便利さというのはユーザーに何もさせないことなんだなーと駅から乗った電車の中で思ったよ、という話でした。

現時点では東京版(23区内・三鷹市・武蔵野市)のみなので配車可能なタクシーの数は約3,340台らしいけど、近日中にスタートする全国版では日本交通が提携するタクシー事業者129グループ保有の約23,000台が順次対象になるそうなので便利さが加速しそう。

一度設定しておけば、あとはスマートにタクシー手配ができちゃうのでぜひぜひ!わおわお