スタートレック と スター・トレック(中黒あり)ってどっちが正しい表記なのかね。

P1030531.jpg
画像は、2009年に前作の映画が公開された時に新宿のコマ劇あたりでドドーンと登場したエンタープライズ


さて、前回書いたスタトレエントリ
スタートレックが好きなのでスター・トレック イントゥ・ダークネス を観てきた(ネタバレあり)
のあとに、久しぶりにAmazonで「スタートレック」と検索して色々見ていたら
面白そうな本があったのでPen+というのを買った。これ。

内容は、メインキャストへのインタビューがあって、著名人にスタートレックについて語ってもらう
みたいなかんじ。あまり内容は濃くは無いけれど、過去作品の名シーン(というほどでもないけど)が
載っていて「おお、あのエピソードのあのシーンか」とすぐにわかって何か嬉しかった。

そういえば今までスタートレックのグッズやら買ったけど、どんなの買ったっけなーと振り返り。

まずはなんといってもこれ。
TNGのDVD!いやぁこれは素晴らしいものだ。高校の教材にしたほうがいいと思う。
通常版もあるけど、自分が買ったのは1シーズンあたり25000円する完全限定スペシャル・プレミアム・ボックス!
クッソ高い!だがそれがまたいい!全部買うと特製の台とかトリコーダー型のDVDリモコンとか当たった。
懐かしいなぁ。ペーパークラフトの宇宙船もついてきたっけ。


TNGは全178話でございます。1話あたりOPとかすっ飛ばしても40分くらいあるので7120分。118.6時間。
ぶっ続けで見ても5日くらいかかる計算。こりゃ大変だ。

そういえばワタクシ、スタートレックは日本語吹き替え派なんですけどね。
あれはいつでしたかねぇ、TNGだったかDS9だか忘れましたけどDVD発売記念でパラマウントさん主催で
吹き替え版の声優さんをゲストに呼んでファンミーティングみたいなのあったんですよ。
それ参加しましてね、ライカー副長役の大塚明夫さんとかいらっしゃってて興奮しましたねえ。
会の終わりは皆で例のヴァルカンが「長寿と繁栄を」つって片手をこう、こうするじゃないですか。
ヴァルカン・サリュートっていうんですけど。あれを会場の全員でやるんですよ!痺れますよね。
ホント早く帰りたかった。もう会場おっさんばっかりだから野太いの。「長寿と繁栄を」って。
でも言い終わった後なんか達成感というか一体感あんのね。マジきもい、マジ一人じゃないって思うのね。
あれ不思議だわ。もう行きたくないけど。


あ、ちなみに今からTNG見ようと思ったらこれが安いっぽい。輸入版だけど1シーズン3,500円くらい。やっす。


発売日は前後するけどTNG関連では映画版がセットになったBD BOXも買った。
出演者インタビューとかもたしか入っていて満足度が高い一品だった記憶。DVDで単品ずつ買うと安い。
お気に入りはやっぱりエンタープライズのE型が出てくるやつかな。ジェネシスとかだっけな。忘れた。


TNGが好きなのでこの本も買った。あまり読まなかったけどカラー写真が多くていいかんじ。




ピカードが好きなのでこれも。内容はまぁファンなら好きってかんじかな。
随分と前のものだけど最近はKindle版もあるようだ。
スタートレック指揮官の条件
ウェス ロバーツ
ダイヤモンド社
2003-03




お次はこちら、DS9のDVDボックス。これも豪華版を買ったっけなあ。
DS9はTNGと時代設定が少しかぶるんだけど、当時のアメリカはイラク戦争に突入するくらいの時で
作品中でも中盤以降は延々と戦争をするので暗い印象のある作品。個人的にはあまり好きじゃない。
こちらも全176話とTNGと同じくらいのボリューム。異文化(の宗教)との交流がメインに据えられていて
けっこう難しいというか7年かけて放送したので、主役の息子役が子供から
青年にリアルに変わっていくのが見どころかな。フェレンギは結構好き。


お次はヴォイジャー。設定的にはTNGともDS9とも時代が被ってる。
最新鋭艦であるヴォイジャーが銀河のはるか彼方にぶっ飛ばされちゃって、最新鋭のヴォイジャーでも
地球まで帰ろうとすると70年かかっちゃいそうでどうしたもんかって話。TNGでは敵だったボーグが仲間に
なったり、その孤立した状況から正規の士官ではないものがクルーになったり、ドクターがホログラムだったり
わりとハチャメチャな展開で結構面白い。ちなみに艦長は女性。スタートレックの作品でいうと一番未来の
お話なので夢が広がりんぐなテクノロジーが満載で楽しいふ。
(なぜかAmazonにはシーズン3と5がない)
ちなみにスタートレックの技術コンサルタントはマイケル・オクダさんという日系の方です。


次はENT。
時代設定としてはTOSの後、TNGの前。ワープ航法が確立されたけど先進国であるヴァルカン星に監視
されながら宇宙探査への制限がある中でエンタープライズ NX-01が宇宙探査を行い、惑星連邦の設立が
どのようなものであったかを描く作品。打ち切られたのでシーズン4まで。
個人的には時間冷戦とか好きだったため打ち切りは残念だった。最後の終わり方ひどいし。
殺す必要ないでしょうがー!!って激おこでしたね当時は。まったく。



あとは細々買っていたけど、プラモはだいぶ出来がいいのでオススメ。
絶版だからプレミア付いちゃって高いだろうけど、バンダイのは凄くよい。台座までカッコいいし本体光る。


このE型とか超かっこいいですよ。



これですね。
IMG_4725.jpg




大体持ってるのはこのくらいかな。ちょっと量が多いので兄貴の家に置かせてもらってるんだけど。
で、今ちょっと気になってるのはここらへん。TOS一通りみたいなー。



あとはやっぱり宇宙艦買い足して部屋中を飛び回らせたい。真っ暗な部屋に輝く星々。
スイッチを押すとピカード艦長が(もちろんCV:麦人さん)囁くわけ。「宇宙、それは最後のフロンティア…」
たまりませんね。ああ、10回に一度くらいはレシクの笛でもいいですねえ。ああ…。





まぁその前に専用の趣味の部屋が必要だ。DENっていうんだっけ。

スタートレックについてはまた今度。次は好きなエピソードとかかな。アディオス。