渋谷の某ATMのそばに1万円が置いてあって、そのまま持っていっちゃうのも大人として恥ずかしいよなあと思って警察へ持って行ったら「3ヶ月落とし主が現れなかったら差し上げますからねー」ということで1万円いただけることになっちゃった。

で、もらっただけも何かなーと思ってFacebookで「というわけでランチおごるよー」とお友達を誘って渋谷にあるシュラスコ屋に行ったお話。お店はこちら、東急本店の近く。サイトから予約してからいくといい。
TUCANO`S




(ちなみにATMで拾ったのでATMについてる受話器で「お金拾ったんですが」って言うと、よかったら警察に届けていただけませんでしょうか、とやんわり勧められるので面白い)

お店までは渋谷の地下道をギュイーンと歩いていった。ちかみち便利。

はい着いた。東急本店の近くというか、109の奥のドンキの近く。



ざっくりメニュー。今回はミニシュラスコ&ビュッフェ(60分)というコース。お値段 1480円。
※2014年10月時点では2200円に値上がり



お店は地下1Fにある。地下だけど携帯の電波も普通に入る。



南米の料理を提供している店だからか「陽気になれる場所」というメッセージと共に入り口には顔ハメ。しかもサンバの格好をしたお姉さん。とりあえず後輩くんで一枚。



いざ自分もやってみると、どう考えても笑顔で写らないといけない顔ハメに思えて自然と笑顔に!



はい、で。お店には事前にコースを伝えてあったのですんなり開始。
卓上には「お肉まだ欲しいよ!」の合図であるプレート。



肉肉しい味にあきたら使うというドレッシング的なもの。



おお、LINE@もやっている! (ドリンク一杯無料のクーポンがもらえた)



まずはビュッフェで腹ごしらえ。サラダから各種惣菜までずらっと。







はい出た豆料理のフェイジョアーダ。



無類のフェイジョアーダ好きでプロのシュラスコニスタ(造語)でもある某代表理事の勇姿をご覧ください



揚げ物&パスタの高カロリー軍団も完備




で、人それぞれの皿が完成。1つアドバイスしておくと、シュラスコは肉がメインなので
・ビュッフェでこってりしたものを取り過ぎない
・口直しになるものをメインにとる
・パスタがどうしても食べたいなら肉終わってから
といったところ。






パスタ&カレーとかは「何しにきたの!」というレベルで宜しくありません




どう見てもフェイジョアーダ祭り。プロの犯行。



肉食うぞ!肉!肉肉! という意思を感じる一皿
<



しばらく待っているとお肉を持ったイケメンのお兄さんがあらわれてお肉をカットしてくれる。
それぞれ好みもあるので、いらない時は「いりません」と言いましょう。
※このお店は肉を2周も3周もしてくれないのでたっぷり食べたいなら全部食べておきましょう



お兄さんがカットしているのを、テーブルにあるトング的なものでお肉を持つ



焼き立ての鳥手羽元&牛



基本的にお兄さんはカットするのに忙しく、シャッター待ちとかしてくれない。だがそれもいい。



しっかりしたソーセージ



うまい肉のコンボ




豚も大変に美味しい



鳥の心臓は今回一番人気。何度食べても美味い。



「オマケダヨー」と、安いほうのミニシュラスココースでは付かないお肉もくれたり。



そら美味いわ



肉がエンドレス





ひとしきり食べてお腹一杯。これで1480円ならとても安い。
写真は、皆もうお腹はちきれそうなのにまだ貪欲に食べ続けるヒゲの人。




いやー、1万円拾って美味しいもの食べて幸せでした。ごちそうさまでした。
お会計は。うん。ごちそうさまでした!




シュラスコと言えばこちらも大変美味しいですよ。高いけど。
バルバッコア・グリル青山店のシュラスコ食べ放題ランチが美味すぎた