ジャンボー!櫛井です、やっぱり2月は寒いですね。

さて、nanapiっていう会社をやってるお友達のけんすう氏が「いい会社あるんですよ うへへ」って
教えてくれたので、1月に引っ越したばかりという目黒のおニューなオフィースにお邪魔してみた。



株式会社リブセンスさんといえば、アルバイト求人サイト「ジョブセンス」で有名ですが
社長の村上さんは25歳で最年少上場記録を更新した超有名人でもあります。が、「生きる意味」という
言葉が由来となっている「リブセンス」を社名に掲げるだけあり、お会いしてみると村上さんの人柄に
グイグイ引きこまれます。ブラックホール。村上イズブラックホール。最年少とかどうでもよくなった。

とはいえ、人柄は写真だけじゃ伝わらないので今回も淡々とオフィスを紹介しちゃいます。
ワオワオ。取材が入ったのは当ブログが最初らしいです。YATTANE!


ほいきた受付。広くて白い&緑。
後ろからピカピカしててカッコいい



入り口は角丸。一昔前ならデザイナーが嫌がりそうな角丸です。



とか言ってたら誰かいる



と思ったら、しゃ、社長! こちらが皆大好きリブセンス社長の村上太一さんです。笑顔がまぶしい。



社長はまた出てくるので進んじゃう。こちらは会議室エリア。シャレオツすぎて直視できない。



入ってすぐ目に入るのは、リブセンス社の意志を表現したモニュメント。
ちなみに会社ロゴは今年になって変えたばかりとのこと。



といっても穴があいた石があるだけ。意志だけに石〜?



と思ったら上にパイプがあった。「雨垂れ、石を穿つ」の通り、しばらく待ってると水滴が
ポチャーンと落ちてきた。すげえええ!



じゃ、じゃあこっちのパイプは何を表現してるんですか!?と聞いたら
「あ、これは水を循環させてるのただのパイプですね」とのこと。普通!



チラ見えしてたこちらはリブセンスのビジョン。当たり前ってよくよく考えるとむずかしい。



来客用の会議室はAから順にアルファベットで名前が振られてる



ひろびろ&オサレな椅子



モニター完備



こちらは円形



アーロンチェア!



この椅子もお高そう



多すぎなコントロールパネル。エコ対応とのことでかなり細かく設定できちゃう。



コンセントも多いけどこれはよいですね。オススメポイントです。



そして極めつけがこちらのお部屋、Aでございます



実はチラッと見えていたけど、スケスケ。スケスケでございます。



別角度からも。あらゆる角度から丸見えです。



ろくろスタイルで
「いやぁ、作ってる時に気づいちゃったんですよね。丸見えだし、話してる事が筒抜けに聞こえるって!
 あはは。でも作り始めちゃったしそのまんまにしました。結果的にほとんど使ってませんね!」

と説明してくださった村上社長。うん、なんかいいですよねそういうの。



慰めですけど、こういう対談っぽい時とかは使える部屋だと思いますよ!
仮想対談相手は同行してくださったけんすう氏。




さて、ここからはいよいよ執務エリア。厳重なロックをあけてもらうと清潔感溢れる雰囲気。



ペーパーウェイトのリンゴには welcome to livesense の文字が。



入るとすぐに休憩エリア兼MTGも出来るスペース



椅子が毎度シャレオツ



ドリンクも完備



無料だと際限なく飲んでしまうだろうから1つ10円なんだそう



こちらの自動販売機も



全部10円。オススメはオニオンスープとのこと。



本棚には様々なジャンルの本がズラリ



オススメあります?と聞いて紹介していただいたのがこちら。カーネルおじさん!
ざっくりしか知らないけど彼すごい経歴なんですよね。今度読んでみよう。



おされなラックですにゃーと思ったら、あれ?どこかで見たシルエット…



ま、保護(まもる)くん!まもるくんじゃないですか!!



青い無機質なボディにペイントされたにこやかな笑顔。まもるくん、こんなところに…
過去の行ってきたシリーズにもたびたび登場しているので未見の方は是非。



まもるくんの隣にあるのは、紙折り機。何を言ってるのかわからねえでしょ?



「以前は請求書を手で折ってたんですけど自動でやってくれるてホンっっっトにすごいんですよ!
 まさにこれは産業革命ですよ!!!!」
と村上社長が盛り上がっていました。そういうやつだそうです。



広々な社内にかわいらしい丸っこい椅子。ちょいちょいシャレオツですねえ。



定期的に置いてあるのはスキャナ。紙は増えるばかりで使わないからスキャンしてしまうんだとか。
色々なところにあったほうが使いやすいだろうから定期的に置いてあるそうで合理的。



こちらは新規事業開発を担当している方達のエリア。机が独特。



このエリアに村上社長もいらっしゃる



今年の干支である蛇が描かれた巨大絵馬はピクシブさんからのプレゼントだそう。かわいい。



「このビルすごいんですよー!」と紹介してくださったのが窓付近のエコシステム。
外気を取り込むことが出来るんだとか。どうエコなのかわからないけど凄い!!



こちらのラックには技術書がモリモリ




壁面にドーンとある大きなホワイトボードでは社内公募をしていたり



公式キャラクター「ジョブせんすけ」と、謎のおじさんが書かれていたりする。



社内には、入り口付近にあったビジョンをもう少し噛み砕いて説明された文章が掲示されてる。



個人用ロッカーも完備。



コートが掛けられるエリアもあって



間仕切りにはリブセンスTシャツ。なぜ。



こちらは傘置き場。



簡易だけど鍵がついていて取り違いを防げる。なにこれ!凄くいい!



これはビルの設備らしいけど、沢山のコントロールパネルの上には何やらモニターが。



消費電力とかわかっちゃう!最近のビルは凄いですなあ。



ビルの設備といえば、特別に紹介していただいたのがこちら女子トイレ。



「これホント凄いんですよ!」とドヤ顔で紹介されたのが通称「女優ミラー」
テレビ番組の楽屋なんかによくあるライト付きの鏡。化粧が綺麗に出来るそうです、ほほー。



鍵付きのミニロッカーがあって、奥側にはなんと…




着替え用スペース! とはいえ未だかつて使っている人を見たことがないとのこと。なんかもう凄いですね…。



さて、執務エリアに戻ってこちらのスペース



軽く打ち合わせが出来るカラフルなスペースに



ジョブせんすけくんのぬいぐるみ&東証一部の上場通知書



こちらは新規上場した際の記念品



鐘を突く木槌って貰えるんですね



扉が閉められる会議室も完備。





で、こちらがRoom0(ぜろ)



外からも見えちゃってる



ドアを開けると何やら素敵スペース。Room0 という名称は社内公募で決まったもので
「既成概念や現状のあたりまえに満足せず、何もない状態(=0)から常に物事 を捉える部屋」
という意味があるんだとか。深いなー。



クッションがカラフルでかわいい



階段をのぼって見たところ。壁は一面がホワイトボードになっていてプロジェクタも完備。



リブセンス社のロゴっぽく、 941 っと



オススメの書籍とかが置かれてる









最後は今回ご案内いただいた広報の白井さんとジョブせんすけくん。
ありがとうございましたー。




いやぁ、最年少上場とかまったく関係なく「働く」ことに真摯に向き合ってる社長の姿勢と
そのためのオフィスってのを感じました。素晴らしいですねえ。
そんなリブセンスさんはスタッフ募集中とのことですんで興味ある方は応募してみると
いいんじゃないでしょうか。「941ブログ見た!」でドリンク無料です。多分。


さーて、次はどこへ行っちゃおうかなー!

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事
リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事 [単行本(ソフトカバー)]


ぼくのフライドチキンはおいしいよ―あのカーネルおじさんの、びっくり人生 (愛と希望のノンフィクション)
ぼくのフライドチキンはおいしいよ―あのカーネルおじさんの、びっくり人生 (愛と希望のノンフィクション) [単行本]