Lightweight Language イベントが10回目ということで開催された LL Decade。おのれディケイド
YAPCの運営をするようになってから顔見知りがだいぶ増えたので会いたかったのと、1つのホールで
やるイベントがどんなもんか興味あるのでチケットを買って参加してみた。
※ついでにYAPCのチラシを配布していただいた、運営の皆さんありがとうございます!


会場は銀座ブロッサム。銀座駅から徒歩10分くらいかな?
午前中は陽射しもキツくて汗ダラダラになりながら会場到着。9:40くらいに着いてしまい
10時の開場を待つ。取り急ぎ事前にお願いしていたYAPCのチラシを渡してみた。



二番乗りくらいで会場に入り、ホール部分は2階もあることに気づく。
1階はプログラマな方達が座ったほうがいいし、俯瞰でイベント会場を見たかったので2階へ移動。
こりゃなかなかの眺めだ。2階には動画撮影担当の方がいた。



配布物一覧。さらっとイベントパンフレットに数枚のチラシが挟まっていたのと
受付通過時にウチワをいただいた。だいぶアッサリしてますな。



いくつか気になったのは、参加者用のパスが空白なので何か書きたいのだけどペンを持って
いなかったのでどうしようもなかった。会場内のWi-fiはおりゃーっとLANケーブルを引き回して
APをゴリゴリ置いてあってなんか凄かった。あとは電源がなくて長居するのはだいぶ厳しそうだった。

オープニングは、ロックをBGMに過去10年のイベントの様子をスライドショーで流す動画からスタート。
ああいうのやりたいけど難しいからちょっとうらやましかった。その後、司会の法林さんが登壇されて
色々と注意事項を説明されていた。



すぐに基調講演へ移り、スピーカーは Perl Hacker のmiyagawaさん。
彼のプレゼンはすごく自然体でとても聞きやすくてスッと入ってきていつもすごい。
内容は、常に最先端にいる視点で、きっとプログラマな人たちには刺激的な内容なのだと思う。
(プログラミングに関しては未だにサッパリ何言ってるかわからない)



個人的には、いつもアメリカにいるのにパッと戻ってきて1時間日本語でプレゼンしていて
日本語上手だなーと思った。なんか英語脳になってて「あれ?日本語でなんて言うっけ?」とか
なるようなイメージあるけど全然平気なのかな。とにかく波紋の力でmiyagawaさんは全然老けない。



彼の発言をいくつか拾ってTweetしたので載せとく。あとYAPCの宣伝もちょいちょい流してた。
(そのために行ったってのもあるので)しばらくiPhoneの通知が鳴りっぱなしですごかった。
















てなカンジでした。終わってからはさいきろんさんと会ったり、技評の馮さんと挨拶したり
法林さんに挨拶したり、楽屋いってmiyagawaさんとか前田さんとかtakesakoさんとかに挨拶したり。

物販もやってた。けっこう大がかりですごい。





やっぱりプログラマがメインになっているイベントってのはいつも楽しい。
個人的には YAPC::Asia 2012 もぼちぼちチケット発売終了だし、ラストスパートの宣伝を
しなきゃいかんなーと思ったりした。一足お先に失礼したけど LL Decade 楽しかった。
登壇者の皆さん、運営の皆さん、お疲れさまでしたー。



あとS100がけっこうズームいけたのでスゲーと思ったりした。


このエントリの写真はこのカメラで撮ってます
Powershot S100は、スマホで写真に目覚めてしまったあなたに最適な一台

Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
クチコミを見る