新時代アライアンスによるコアコンピタンスの最適化を!くしいです!
そろそろ花粉の季節ですね!目があ!目があ!

はい。今日はインターネットの限界に挑み続ける孤高の娯楽サイト「デイリーポータルZ」の
編集部にお邪魔してきました。説明は今てきとうに考えましたが詳しくはこちら。デイリーポータルとは
ところでデイリーポータルさんとか弊社とかで一緒に バカジャイル・メディア・ネットワーク
ってのをやったりしてるみたい。すごいですね。

んじゃ早速いってみましょー。





まずは「デイリーの記事を書くときによく使う河原あるんで一緒に行きましょう」と、都内某所にある
よくある河原を案内してもらうことに。あいにくの曇り空&雪まで降ってましたが、まずは駅から河原へ。

新幹線がバビューンと走っているのを横目に土手を登る



着いた。



撮影が出来る広場というかそういうところまで歩く。



テクテク。そろそろ気付いた方もいるかも知れないがタライは気にしないでほしい。



着いた。大体いつもここらへんでやっているらしい。
河原で学ラン着てスキップしてるところを「デイリーポータルさんですか?」と話しかけられると
すごく恥ずかしいんだそうです。



犬の放し飼いは禁止。バーベキューも禁止って書いてた。



広い。ただただ、広い。



遊具は控えめに、かつ大胆に配置されてる。



水辺は寒かった。



川の透明度はそこそこ。



「じゃあ僕らちょっと撮影始めますんで」と準備をする皆さん。
ちなみに今回は テキスト系妄想メディア ワラパッパ との合同取材だそう。



カメラを取り出したと思ったら突然ハトをファインダーにおさめ始めるデイリーポータルで
編集スタッフ兼ライターをされている林さん。自由過ぎる。



それにしてもハトが多い



デイリーポータル編集部で餌付けでもしてるんだろうか



バサバサー!とデイリーポータルライターをかすめて飛んでいくハト。なにこれ。



なにやらワイワイ話してると思ったらカメラの自慢をしてた。楽しそう。



今回のネタの打ち合わせをざっくり始める皆さん。
「タライとかやっぱいいよね」とか言ってた。



「じゃあちょっとテストでタライ乗せてみよっか」 パシャパシャパシャー



「うふふ、やっぱタライいいね」



「次これやろ、ちっさい鍋」 ッカーン  パシャパシャー



「むはははは」



「下からさ、撮ってみますか、こう」 パシャ



「うん、うん」



「ちょっとこっちでやってみますか」



「やっぱ、タライは絵になりますよ」



「ちょっとロングでもらっていいですか」  ピッ、パシャパシャー



「うふふふ、うふふふ」



「次これ、ゴム紐いっときますか」「高さこんなもんで?」「あ、もうちょい上」「はい」
パシャパシャー



このあとも雪が降る中、タライに眼鏡並べて爆笑したり泡だらけになったりしてた。
「撮ってるうちに自分でも何が面白いのかわからなくなってる時、けっこうあるんですよね」
みたいなことを言ってるのが印象的でした。



ちなみにこの取材で出来上がった記事はこちら。パイ投げかっこいい。
@nifty:デイリーポータルZ:カッコいい罰ゲーム


お次はデイリーポータル編集部の方がよく原稿を書いているという、とあるお部屋に。
というか林さんのご自宅へ。主に原稿はご自宅で書いているそう。
ところで デイリーポータルZ の Z って ももいろクローバーZ の Z と関係あるんですかね? ないか。



早速、こちらが執務スペースというか書斎というか作業スペース。



こちら、デイリーポータルのライターでありイラストレーターであり林さんの奥様でもある
べつやくさんのデスク。



姿勢よく座れる椅子。



色々な小物がたくさん。



ワニ



ワニ



そして、ワニ。毛の生えていない動物が好きだそうです。



こちらがプロのソリティア職人、林さんのデスクです。さすがのプロ仕様。



沢山の備品。



デイリーポータルのキャラクター、Zくん。



石にも Zくん。そんな Zくんはペーパークラフトにもなっています



棚には色々なものが収納されている。こちらは様々なものを計測できる計測グッズ棚。
糖度計や照度計など様々な計測グッズがあってなんでも測れちゃう。すごい。



「これは遠隔で温度を計測出来るやつです、すごいでしょ。この人は、えーと、24度ですね」
死んでるんでしょうか。生きてほしい。



本棚には沢山の本。



「89年からのプロ野球名鑑が全てあります。ここまで揃ってる家は無いと思いますね」とドヤ顔で
ご紹介いただいた。よくわからないけどたしかにすごそう。



収納もバッチリ。



ペンやメモ帳の棚。



テープの棚って初めて見た。



こちらはリビング兼、会議室。



参考資料を熱心に読み込んでいるなあと思ったらドラえもんだった。



インドネシアで買ったエスパー魔美がすごいんだよ、と盛り上がっていた



裸なはずのシーンがスクリーントーン貼られてる! たしかにすごい。



皆さん一斉に何か書き始めたと思ったら「誰が一番ドラえもんをうまく書けるか選手権」だった



完成。連ドラかわいい。



優勝は「うまくないけど面白い」という理由でワラパッパのスエヒロさんだった。
ちなみに熱風じゃなくて飛んでるんだそうです。天才か。




お次はデイリーポータル編集部でよく利用しているという都内の中華料理店へ。
ちょっと怪しい路地をずんずん突き進んで行く林さん。



鳩とか蛙とか蜂とか色々食べさせてくれるお店ですごい



椅子はパイプ椅子。痔主への配慮はこの際ゼロ。



壁からコードぶら下がってんなーと思ったら



iPhoneの充電ケーブルだった。お店の方曰く「便利でしょ」とのこと。はい。



打ち合わせの後に飲んだり、忘年会とかでよく来るらしい。チンタオおいしい。



蒸しパン



揚げパン



「奇抜なものを一通り食べた結果、海老とか美味しいなって再確認しました」とのこと。
なんか、わかります。こちらは酢豚。



豆腐を切ったやつ



限りなく透明に近い海老(塩味)



唐辛子の中から唐揚げを探しだす罰ゲームのように見えますがとても美味しかった



極度に無口な方ですがとても面白いライターの藤原さん。
最近、大きな変化があったそうで就職先を絶賛募集中だそうですが興味ある方いれば連絡ください。
もう一度いいますが極端に無口な藤原さんはインターネットの中でこそ輝きますので。






というわけでデイリーポータルZ 編集部さんでした。
さーて、次はどこへ行っちゃおうかなー!