いよいよ発売になった PowerShot S100ですが、ブロガーとして先行体験させて
いただいている内容を総括しちゃいます。こむずかしい話は無し。



こんな人にオススメ!メリットとデメリット


時間がない現代人の皆さんのために最初にいいところと悪いところをざっとお伝えしておきたい。
スマホの爆発的な普及によって、写真の楽しさに目覚めちゃった方も多いかと思いますが、カバンに入れて
サッと取り出して簡単に凄い画が撮れちゃうS100はかなりオススメ
です。今買うならこれでいい。
ブログで画像を使おうと思っている人なら尚更オススメ。加工なし、そのまま一発でブログに使えます。

ただ、価格面でいうと前の機種であるS95がかなり安くなっているので「どうしても最新機種じゃないと嫌」
というコダワリがある人でない限りはS95をオススメしたいというのが正直なところ。
Amazonだと現時点でS95は27000円前後、S100は47000円前後、この差は大きい。
S95からS100にしようと思っている人がいるなら、あまりおすすめしないかなというところ。


■ここがいい!
・本体が小さい
 S系でいうとあまり大きく変わってはいないのだけど、レンズ収納と本体の小ささと性能の高さが
 うまいこと1つにまとまっているのは素晴らしいと思う。サッと取り出せる状態か否かで写真を
 撮ろうというモチベーションてだいぶ変わるのでコンパクトは正義であると言えます。
 あ、猫! あ、雲が変な形! ビルに写った空カッケー! こんな時に実感しました。

・操作が簡単
 なんといってもこれ。難しいこと考えずに電源入れてシャッターきれば、いい画が撮れる。
 「こういう味のある色にしたい」とか「効果をつけたい」とか滅多にないのでこれは重要。
 色々やりたい人はデジイチとか流行りのミラーレスとかがいいかと。

・起動が早い
 電源ONから1秒くらいですぐ撮れる。だいじ。

・暗いところに強い
 「居酒屋で撮って綺麗に写る」が開発コンセプトにあったというS系なので、ちょっとやそっとの
 暗さにはビクともしません。シャッタースピードが早いままで明るく撮れるのでブレない。

・AUTOでも被写体が選べる
 なんとなく対象っぽいものにピントをあわせて、状況を自動で判別してうまいこと撮ってくれる
 AUTOモード。S95からはAUTOの時でも被写体にしたいものを中央にして十字の上を押せば、それを
 被写体と設定できてピントをあわせ続けてくれる。とてもいい。

・寄れる、とにかく寄れる
 メーカーのカタログ値でいうと、3センチまで寄れる。 
 料理写真とか静物とかを撮る機会が多い自分の場合は、被写体をどアップにする頻度が高いので
 どれだけ寄れるか(寄ってピントが合うか)というのはすごく重要。
 こういうことです→ 誰でも簡単に美味しそうな料理写真を撮るたった1つの方法

・ズームもイケてる
 光学ズームがS95の3.8倍から5倍とパワーアップしたことにより、ズームもかなり使える。
 さらにデジタルズームも使えるのでかなり遠くの被写体でもそれなりに撮れるようになった。
 (ちなみに、光学ズームとデジタルズームの違いは、劣化なしズーム=光学、引き伸ばし=デジタル
  というカンジ。なので、S100の場合は5倍までは劣化なしでズーム出来るというカンジ)

・動画も綺麗
 サッと取り出して動画を撮るというシーンにはオーバースペックだなってくらい優秀。
 ただ、ちゃんと動画撮りたい人はそれ用のビデオカメラ持ってるだろうからメリットではないかも。

■ここがイマイチ!
・明るすぎる
 F2.0という明るいレンズと、独自開発のカメラセンサーの組み合わせで抜群に綺麗な画が撮れる
 のだけど、逆にいうと暗いところを暗いまま撮るのがけっこう難しい。もちろん、細かい設定をして
 いけば撮れるのだけどAUTOだとしょうがないかなというかんじ。

・ストロボ撮影が苦手すぎる
 暗いところでそのまま使えちゃうので殆ど利用するシーンは来ないのだけど、ストロボを使って
 撮った写真がイマイチすぎた。ほんとに、まったくといっていいほど使わないのだけど。

・GPSで電池食い過ぎ
 電池容量自体も増えてるのでトータルではチャラ、みたいなかんじらしいのだけど
 GPSをONにして撮影しているとかなり電池を使ってしまうよう。ここは聞いた話なのでなんとも。
 GPSはOFFにすれば問題なし。

・デザインは好みがわかれる
 これはメリットにもデメリットにもなりそうだなってカンジの部分。
 S90、95からの流れで一番パッと見で変わった部分は前面部分の取っ手追加。
 個人的には持ちやすいし好きなんだけど、発売前には苦手だなあという意見もちらほら聞いた。



ざっとこんなところでしょうか。
お金あるならS100、無いならS95!以上! S100で撮った写真はこの後載せてます。

こちらS95、余裕で現役として使えるコスパよいコンデジ。
Canon デジタルカメラ Powershot S95 PSS95 1000万画素高感度CCD 光学3.8倍ズーム 広角28mm 3.0型液晶 F2.0
Canon デジタルカメラ Powershot S95 PSS95 1000万画素高感度CCD 光学3.8倍ズーム 広角28mm 3.0型液晶 F2.0
クチコミを見る



「S100買うなら黒?銀?」てのは難しい。これも好み。
実機で見るシルバーは写真で撮るよりも質感違ってて、どちらかというとチタンっぽい雰囲気。
店頭で見比べてみるのがいいかもです。
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 シルバー PSS100(SL) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 シルバー PSS100(SL) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
クチコミを見る


Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
クチコミを見る


作例集再び。基本的に全てAUTOで撮ってます。

まずはズームの例。これが標準。



同じ位置からカメラ動かさず光学ズーム5倍。だいぶ寄れる。



さらにズームしてデジタルズームも組み合わせて20倍、けっこうイケる。
ホコリまでクッキリ写ってるので後で掃除しよう…。




次に動画、これは過去に貼ってるものを再掲。



次に色々と撮った写真。ジャンルごとにざっと掲載。








































































こんなカンジです。S100の公式サイトはダサいし見にくいけど製品はいいです!
(芸能人が撮った写真の展示とか正直よくわからんし…)

公式サイト
キヤノン:PowerShot S100|概要

このエントリはFans:Fansモニターキャンペーンでお借りしてるPowerShot S100で撮ってます。

S100の関連エントリ
12月発売の最強コンデジ「PowerShot S100」のブロガーイベントに参加して開発者の熱い魂に触れてきた!
フルハイビジョンに対応!PowerShot S100 で撮影した動画サンプル
S90,95のバッテリーはPowerShot S100で使えるのか問題
毎年恒例! PowerShot S100 で花園神社 二の酉本祭を撮りまくってきた
PowerShot S100作例集。暗所に強く、青が段違いに美しいS100がお気に入り。
お寿司食べてきたのでミラーレス一眼とS100撮り比べてみた
発売まで残り1週間!PowerShot S100を借りて過ごした3週間のまとめ

Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
クチコミを見る

Canon デジタルカメラ PowerShot S100 シルバー PSS100(SL) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 シルバー PSS100(SL) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
クチコミを見る

Canon バッテリーパック NB-5L
Canon バッテリーパック NB-5L
クチコミを見る


よくわからんけど安いとありがたい!って方にはこちら、S95をオススメ。

キヤノン PowerShot S95 は買って大満足なイチオシコンデジ!写真満載レポート

Canon デジタルカメラ Powershot S95Canon デジタルカメラ Powershot S95
キヤノン(2010-08-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る