iPhoneやAndroidにはTwitterを見るためのアプリを入れているけど、PCで見る時はWebで見ている
という人がまだまだ沢山いるようなので入門エントリー。今回は、自分が使ってるMac OS X 専用クライアント
夜フクロウを紹介しちゃうよ。色々設定が出来るので自分好みにカスタマイズしちゃってください。

すでに知ってるよ!って方は今すぐページを閉じていただいたほうがきっとお互いのためです。

001


ダウンロードはApp Storeから。「夜フクロウ」で検索すればOK。これです。
002


なんらかの事情でApp Storeを使ってない人はこちらから。
YoruFukurou
アカウントの設定やらをうまいことやっていただくとして、機能をちょっと紹介。

色を細々設定できたり、色々やれます。以上。
003


特徴的なのは、タブを色々とカスタマイズ出来る点。
んじゃちょっとやっていきましょう。
005


まず、Twitterで使ってるリストを追加してみる。
タブの名称はなんでもOK。「Twitterリストタブ」を選択。
006


どのリストを表示するかの選択画面になるので選ぶ。
自分のは基本的に非公開なリストばかりなのでモザイク。
007


追加したあとにオプションを開くと通知の方法とかを設定できる。
008



次に、エゴサーチの設定方法。エゴサーチは特定のキーワードやURLについて検索すること。
自分が関わってる製品とか、自社のこととか、自分自身のこと、なんでもいいです。

例として、会社のディレクター達で書いている livedoor ディレクターブログ がTwitterで
どう拡散しているのかをチェックしてみる。まずタブの名前を決めて「Twitter検索タブ」を選択。
009


URL である blog.livedoor.jp/ld_directors/ を入力。
おまけで、日本語のTweetだけに絞るという指定 lang:ja を追加。
blog.livedoor.jp/ld_directors/ lang:ja 」こうです。
010


はい、完成.。
011


このタブは移動可能。掴んで移動や!
013



Twitterの検索の仕方としてサンプル。
ダブルクオートで囲むと「完全一致」、パイプを2つで繋ぐと「or検索」、lang:jaで「日本語Tweetのみ」
とか出来るので、特定のIDに向けてのTweetも含めたいと仮定して組み合わせてこんなカンジで使う。
これは12月に開催するWeb Director Meetup のエゴサーチ。
"Webディレクター交流会" || "Web Director Meetup" || @webdirectors lang:ja
012



他にも、RTは除外したい時は -RT とかやるといいみたい。
もっと色々な小技があるようなので「こんな使い方あるぜ」とか教えてください。


そして同僚のデザイナーとかがオススメの色設定とか書いてくれる気がするので
宜しくお願いいたします。


できる100ワザ ツイッター Twitterパーフェクトテクニック (できる100ワザシリーズ)
できる100ワザ ツイッター Twitterパーフェクトテクニック (できる100ワザシリーズ)
クチコミを見る