TECLOSION 2011 Springの第二弾的なイベントとして開催されたTechCrunch Tokyo 2011なわけですが
全体を仕切っている西田さんからご指名いただいたのでやってきた。




今回はかなり豪華なチーム構成。基本的には動画配信チームはリニューアルしたことで
話題沸騰中のBLOGOSチームから一人&自分のコンビ。寸前で「ニコ生もやりたいね(チラッチラッ」
とか言われたので急遽ニコ生とUSTの同時配信をすることに。

BLOGOSチームからは他にも記者としてイケメンことなるみんを召喚。

NAVERまとめチームは会場に撮影担当とTweet担当、USTを見ながらモリモリ超速で
文字おこしをする「おまとめマン」が待機。

他にも、スタートアップバトルの審査員としてライブドアCPOの佐々木が参加してました。
どえらい豪華。人だしすぎ(私見)


で、成果はこちら。
かなり人数投入したというのもあり、ほぼリアルタイムで文字おこし&Record公開出来ました。
TechCrunch Tokyo2011実況まとめ #tctokyo - NAVER まとめ
TechCrunchJapan Videos on USTREAM : Recorded videos, shows captured LIVE

基本的には現場入りしてから即興で音声さんとか映像さんとかと相談して動画配信の準備を
当日の2時間くらいでやるのだけどかなり速報性&クオリティ高く配信できたかなーと思います。
がんばった俺&みんな。よくやった。 同時通訳の方の音声まわりはちょっと大変だったけどよしとしたい。



個人的にはスタートアップバトルに出ていた Crowsnestmisocaが気になった。
実は配信中は内容が頭に全く入ってこないので、これから時間かけてTechCrunch Tokyo 2011を
反芻しようかなーと思ってます。楽しかった。


続きは、イベントの様子を写真入りで紹介。

準備中。ガラーン。だいぶ広い。



セッティング中。田野さんご自慢のVR-5とニコ生配信機、UST配信機、モニター機という構成。



イベント開始。基本的にはRecordボタン押して見守るだけ。
(映像の切替とかは田野さんがモリモリやってくれた)



登壇者がすごい豪華だった。グリーの田中さんとか



Twitter Japanの代表の方とか。すごい。



今回一番衝撃だったドワンゴ会長の川上さん。



スタジャンがLAPUTAって書いてあって胸には巨神兵。かこいい。



衝撃のプレゼンはこちら。ゲラゲラだし色々と感じるものがある。
Web制作に携わる方なら見ておいたほうがいいと思う。ほんと。


パワフルでユニークなプレゼンが沢山あったスタートアップバトル、面白かった。



現役高校生の方とか超かっこよかった。





そんなかんじで、ここからまた新たな流れが始まるんだろうなあ。
いいイベントでした。関係者の皆さん、お疲れ様でした!