はいさい!元祖スクロールブログの弊ブログへようこそ。
初耳だぜ?って方はこちら → 941メソッド または「スクロールブログ」の書き方

で、もう半年くらい前なんだけど新婚旅行で行ってきた。初めての石垣島。
ゆったり4泊の予定だったんだけど台風きちゃってヤバそうだったのでキュッと3泊。

旅程は宿だけとっておいて、ことりっぷ&現地で決めるというわりと
場当たり的な旅だったけど人に恵まれて楽しかった。また行きたいなー。

DSC03620



ばびゅーっと羽田空港から。朝4時起きだった。



晴れてるさー。降り立った瞬間、湿気すごくてレンズ曇った。



iPhone起動してMAP見たら、どえらいとこにいる。これもう台湾。
326715121
とりあえずレンタカー借りて、ことりっぷ開いて。
空港からわりと近い観光スポット、石垣島鍾乳洞へ。



まぁ、普通の鍾乳洞だった。



ライトアップされてるのは珍しいかな?



トトロに似てるのがウリらしい



入る時は晴れてたのに30分後くらいに出たらドシャ降りで驚いた。石垣島こわい。



ランチは八重山の伝統的なお料理をいただける「こっかーら」へ。
民家っぽい、とかちょっとわかりにくい、という情報だけで探してたらホントに迷った。



民家っぽいというか、民家だったw で、お線香の匂いがけっこう厳しくて
ほとんど料理食べられず…。すいません。これはゴーヤにパッションフルーツな前菜。



ホテルにチェックイン。今回お世話になったのは「軽井沢倶楽部ホテル石垣島」というところ。
石垣島なのに軽井沢?ってカンジだけど、とてもいいホテルだった。



喫茶店的なところでは宿泊客用にジュース飲み放題な券をくれた。地味に嬉しい。



なんかベッドたくさんあった。



で、ぶらっと島を1週してみる。まずは玉取崎展望台。ちょっと曇ってきた。



どこか忘れたけどビーチ。



海が綺麗さー



俺の足さー



おそらく夕日が綺麗



石垣港。残念ながら曇り。



ホテルへ戻りディナータイム。ちなみに夜はこんなんでいい雰囲気。なんせ静か。
ホテル周辺はハブが出るらしいので気をつけてねと言われた。まじか。



ディナーは豪勢にコースにしてみた。







うまかった。食べ終わった後はテラスで一杯。




2日目は6:30起床。晴れた。



ホテルの受付で申し込みが出来るシュノーケリングへ。
車でホテルの送り迎えしてくれたり、ホテルでバスタオル貸してくれたりで超らくちん。



初めてウェットスーツ着てシュノーケリングしたけどだいぶ楽しかった。
石垣島の中ではあまりメジャーじゃないらしい宮良というスポットだったけど、案内してくれた
ケンさんという人が地元の人だったのでかなり楽しめた。クマノミ沢山みた。海きれいだったなー。



これはホテルのロビーにある水槽で泳いでたクマノミ。かわいい。



ホテルに戻って泳ぎたりなくてプールでジャバジャバ泳いだ。
奥さんが元水泳部なのを知って「バタフライやって」と無茶ぶりしたら普通にやってくれて驚いた。
「バサロどんくらいいける?」って聞いたら20Mプール泳ぎきっててこれまた驚く。



お腹がすいたのでホテルでランチ。
サラダやジュースやスイーツがビュッフェでいただける。



石垣島に関係あるのか知らないけど、かつお御膳てのをいただく。おいしい。



石垣市内への送迎シャトルバスがあるそうなのでホテルの方に「乗りたい」と言ったら
他にお客さんいないらしくて貸切タクシーを手配してくれたw 支払いはホテル持ち。ありがたや。



とりあえず、シーサーを手作り出来るというところへ。女主人曰く
「最初に作るシーサーは自分に似る」そうだけど、似てるかな?たぶん似てんだろな。



晩御飯は「なんとなく和食」な気分だったので、ホテルの人に聞いたオススメのお寿司屋さんへ。



あけぼのという店で、なんとも地元感漂っておりいい雰囲気。



「すいません、よくわからないので地元のものもいくつか織り交ぜつつオマカセでお願いします」
と素直に言って出してもらった。どれもこれも美味しかったなー。









石垣牛の握り。これはホント美味しかった。





泡盛もおいしかった。満腹。



食べ終わって徒歩で石垣港へ。曇りだけど適度に雲があっていいかんじ。
空が高くて、広くて、なんか地元の北海道を思い出した。日本の正反対なのに。








3日目は快晴!うひょー!(台風きてた)



まずは腹ごしらえ。朝食はホテルのビュッフェで。うまい。



この日もホテルで受付してくれる観光に繰り出すことに。まずはマングローブカヌーてやつ。



カメラ濡れちゃうので持って行けなかったのだけど、こんなんで。
水曜どうでしょう見てイメトレしていた成果が出たのか、カヌーは意外と簡単だった。
案内してくれたお兄さんは春から脱サラして横浜から石垣島に移住したそうな。



一旦ホテルへ戻って昼寝して、また今日もシャトルバスという名の貸切タクシー。



球場あった



ランチは石垣港周辺で最大と思われる八重山そばのお店「八重山そば本店 夢乃屋」へ。
昼ビールさーせん!でもおいしい。



スーチカー(豚の塩漬け)が美味すぎる



名物の八重山そばは超巨大な器でくる。超、まじ、でかい。



いやー、晴れてる。紫外線痛い。日焼け止めずっと塗りたくってた。



午後は石垣島港から竹富島へ。水牛車グラスボートバス観光てやつ。
フェリー乗り場から見える海の色が、なんかもう人口じゃね?っていう青さ。



フェリーぶっ飛ばしてる



電波も良好。というか、山奥以外はわりと電波あった。



竹富島ついた。空も海も青すぎる。



グラスボートっていう、船底がガラスになってて海の中が見える船にのった。ちょっと酔った。



竹富島の水牛観光の前にちょっと島を散歩。道素晴らしい。





竹富島屈指の観光名所、なごみの塔



登ってみる。石を積んだだけみたいな造りで足ガクブルした。



イメージの中の「THE 沖縄」という画が撮れる。



パノラマでもどうぞ。



余りに熱いので喫茶店へ避難。



かき氷おいしい



さてお待ちかね、水牛観光。



今回お世話になる水牛のだいちゃん。働き盛り。



頼もしい背中。



運良く最前列に座れたのでカメラを固定で置いて動画撮ってみた。
ゆったりとした水牛観光を高画質でどうぞ。おじさんのかすれた歌が個人的に大好き。


さて、帰るかーと港へ。雲出てきた。



警備の方と記念写真。



台風近づいてきていてヤバいなぁと認識した張り紙。生活に直結しているからか、皆詳しい。



いやぁ、竹富島だいぶよかった。また行きたい。
石垣島に戻り、とりあえずお茶でもシバく。



そして今回の旅行で唯一事前に予約しておいた「炭火焼肉 やまもと」へ。
超おいしかったー!けど、悲しい出来事も。詳細はこちら。ま、おいしいけどね。
石垣島いくならココだけは行っとけ!「炭火焼肉 やまもと」が超オススメな件



満腹でホテルへ戻り、三脚引っ張り出して撮影大会。なかなかよい。



星もいちおう撮れてる…気がする…



夜はプールも綺麗。



で、ホテルの敷地で開催される「星空を観るツアー」に参加。



案内してくれたおじさんは10年ほど前に脱サラして移住したんだとか。カヌーのお兄さんもそうだけど
観光地に脱サラしてやってくるってのは現地の人の仕事を奪うような気もして、どうなんだろね。
過疎っていくよりはマシなんだろうけど難しい問題な気もする。で、これは手持ちで撮った写真。ぶれぶれ。



んで、夜の段階で「帰る予定の便はおそらく飛ばない」のがほぼ確定していたので旅行会社とかに
電話やらして1日繰り上げて東京へ帰ることに。台風直撃でカンヅメとか勘弁していただきたくー!
というわけで手配してたらテラスにヤモリか何かが普通にいた。




明けて4日目、やっぱり曇り。
本当はBEGINとか大物歌手が来て歌のお祭りがある予定だったのも中止になったらしい。




そんなこんなで楽しい旅だった。またいつか行きたいなー。






このエントリはこのカメラで撮ってます
デジタル一眼カメラ NEX-5のダブルズームキットを買ったよ

ソニー デジタル一眼α NEX-5 ダブルレンズキット ブラック NEX-5D/Bソニー デジタル一眼α NEX-5 ダブルレンズキット ブラック NEX-5D/B
販売元:ソニー

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ことりっぷ 石垣・竹富・西表・宮古島 (ことりっぷ国内版)
ことりっぷ 石垣・竹富・西表・宮古島 (ことりっぷ国内版)
クチコミを見る