おっす!おれくしい!

ウルトラ長かった準備編、最後まで読んでいただけたようでありがたや。
「あんだけ長いのに本編始まってないのかよ…」とか「本編いつやんだよボケ」とか激励のFAXが
続々と届いているので本編書くよ! んー、でも運営としては準備の方が大変なので
実は俺の中ではだいぶ書ききった感あるんだけど。まぁいいよね!我慢して読んでってよ!

準備編はこちら
blog::941:YAPC::Asia Tokyo 2010 をやってきた! (準備編)


そして今回も長いので目次
実はまだ残ってる準備編
ボランティアスタッフ集合&準備開始
Perl Casual主催! 前夜祭開催
ついに開幕、YAPC::Asia 2010 1日目
あっという間に最終日、YAPC::Asia 2010 2日目
祭の後、そしてまた来年

実はまだ残ってる準備編


IMG_8146


当日編と言いながらもまだ準備が終わってない。

本当はもっと早くにやりたかったのだけど、本番2週間前にボランティアスタッフ向けの説明会を開催。
場所は西新宿のライブドアオフィスで、当日はピザを用意して気楽なかんじでざざっと説明。
この事前の説明は「当日いきなり仕事ふられて驚く」を予防しつつ「ドタキャンしないでね」
の意を込めてたりする。

ドキュメントの類は運営チーム側でGoogleドキュメントで共有しながら作業を進めていたので
それをプリントアウトしたものをボランティアスタッフの皆さんに配布。事前に配ったのは
・ボランティアスタッフ行動予定表
・スタッフ連絡先一覧
・タスク割り振り表
くらい。

スタッフ全員が説明会に参加できるわけでもないので、あらかじめスタッフ用に作っておいたMLにて
携帯電話番号と参加可能予定日時を聞いておきスタッフの布陣を何となくイメージしておく。
前夜祭を含めて3日間の日程で人手が必要なタイミングというのは今回でいうと以下の時間帯。
・前夜祭のノベルティ詰め作業(16時から)
・前夜祭手伝い&事前チェックイン作業(19時)
・1日目のプロジェクタ設営(8時から)
・1日目の受付(9時から)
・2日目のプロジェクタ撤収(19時から)
と、このようにリストアップしておき、そこに十分なスタッフを配置出来そうかを把握しておいたり。
ちょっと足りなさそうな所にはライブドアの同僚達やNAVERの皆さんに手伝ってもらえるよう声をかけたり。
その節は本当にありがとうございました。

運営側としては事前に他にも割とやることは色々とある
・ライブドアから運ぶ荷物一覧の作成
・ノベルティグッズ一覧の管理
・ストラップ、看板、パンフレットの確認
・招待者リストのアップデート
etc.. etc....

前日には投票用のIDが書かれた紙のプリントアウトとタイムテーブルのプリントアウトを
各500枚ずつ、会社近くのKinkosにて行う。まぁ荷物は重いし一人だし、苦労した。


そして、前夜祭兼準備当日。
スタッフ用に配布するものを全て人数分プリントアウトしつつ、全ての荷物を準備して赤帽さんに託す。
IMG_2502



ボランティアスタッフ集合&準備開始


先に一人で会場入りし、事前にスポンサー企業の皆さんには時間指定でベースキャンプとなる会議室に
荷物を送っていただくようお願いしていたのでそれをまずは受取る。というか、事前にヤマトさんから
「わいえーぴーしーの方ですか?すごい量の荷物が一気に来てますけど…」
と電話が来るくらい大量の荷物らしい。ヒエエ。楽しみ。

で、付いてみると受付の人がソワソワするくらいの荷物が一気に届く。とりあえず受取サインしまくり。
IMG_2506


全員がピッタリ同じ時間に揃うわけでもないので、何をすればよいかをホワイトボードに書く。
準備の一番の要はノベルティグッズを詰める行程なので、届く予定のものを全て書き出しておく。
IMG_2535


それと、本日の予定を。
IMG_2513


徐々にボランティアスタッフが集まってきたら、軽くブリーフィング。今回のイベントについておさらいと
ボランティアスタッフにやってほしいこと、やらなくていいこと、判断に迷った時のこと、連絡先のこと
タスクの割り振りについて、などなどをざっと説明。30名を超えるスタッフってすごいなあ。ありがたい。
そしてスタッフの証である赤いストラップを渡す。
(今回のYAPCでは、参加者で3種類、スポンサー招待、スタッフ用の全5種類のストラップがあった)

ノベルティグッズはとりあえず並べてみて、入れる順番を決める。YAPCパンフが一番上になるように。
その後は大きい順で入れることにして、全て裏面にセッティングし最終的に順番通りになるように。
IMG_2510



ノベルティは今回用に作っていただいたミクシィさんのトートバッグに入れる。
IMG_2515


YAPCパンフレット。
IMG_2516


NHN Japanグループで作ったパンフレットとか。
IMG_2518


ロケタッチのとか
IMG_2522


NAVERさんのストラップとか。
IMG_2530


わいわい準備。
IMG_2532


景品も無事に届いた。いつも思うのだけど、運営していると景品は100%貰えないのでホント羨ましい。
IMG_2540


大量のノベルティはZIGOROuメソッド(バケツリレー方式)にて行われた。
IMG_2546


500個のセットを作るのは相当大変だったのだけどZIGOROuさんにお任せ。
IMG_2547


こちらは荷物の受取や看板の設置やGaiaXさんから大量にいただいたミネラルウォーターの運搬などで大忙し。
IMG_2553


受付担当を買って出てくれた、みらのさん。バーコードリーダーに大興奮。
ピピッ 「おおおお!普通のバーコードも読める!!!!」  はい。
IMG_2536


他にも色々と大講堂への搬入をしたりで大体初日の準備はおしまい。


Perl Casual主催! 前夜祭開催


あまり手が回っていなくて「今年は前夜祭やるの難しいかもねえ」と話していたのだけど
yusukebe氏が「俺やるやる!」と言ってくれて開催出来ることに。yusukebe++
LTやら岡田結花さんを迎えてのトークセッション企画をやってくれたりと、懐広いなぁほんと。

というわけで、前夜祭についてはあまりタッチしていないのだけど写真が何枚かあるので様子を伝えたい。


予行練習がてら事前チェックインの準備。
リハがてらロールプレイしてみると細かく足らないものが発覚。リハ大事っすな。
IMG_2561


miyagawa「すいません、みやがわと言いますが」
みらの「はいはい、スピーカーさんですね、こちらどうぞー」
と普通に受付している二人がおかしくておかしくて。
IMG_2575


気付いたらビールでタワーが出来ていたり。
IMG_2556


かと思えば中では普通にマジメなセッションやってたり
IMG_2557


何かしらの「これスゴくね?」自慢大会してたり
IMG_2566


休み時間には賑わってたり
IMG_2570


英語はやっぱり喋れたほうがいいよなーと思ったりした。
IMG_2596


遅れて到着した岡田結花さんを会場に案内するなど。
「なんか、アウェイすぎるんですけど…」と思ったとか思わなかったとか。
IMG_2578


開演前に某tsune氏と岡田結花氏でフュージョン。
IMG_2586


そして開演。適度にゆるいかんじ。
IMG_2589


そうそう、今回はプロのカメラマンさんに来ていただいてバッシャバッシャと
写真を撮っていただいた。こちらはフォトスポンサーであるficiaさんの特別サイトに写真があがってるので
こちらをご覧いただければと思います。いい写真ばっかりだよ!
IMG_2598


そんなこんなで前夜祭は終わり。
スタッフ達は明日早いのでそそくさと撤収。


ついに開幕、YAPC::Asia 2010 1日目


準備が何かとあるのでボランティアスタッフは8時に集合。
朝早くて申し訳ないし、鍵を預かってる俺は遅れちゃいかんなーと思い7時に会場入り。超眠い!

鍵を開けてボケーと待ってると7時半にはチラホラとスタッフが集まりだしたので受付の設営開始。
IMG_2600


人数が揃ったところで今日も軽くボランティアスタッフでブリーフィング。
会場が3つ分かれているので役割分担と各会場の責任者を決めたりして、あとは前日と同じ説明をもう一度。
ざっと説明を終えたところで一番大きな会場である大講堂にはスクリーンがないので、前日に搬入して
おいたレンタルの巨大スクリーン&プロジェクタのセットを設営開始。
IMG_2601


「大講堂の階段、毎年コケるよ!」と言われていたので前日作っておいた張り紙をペタり。
IMG_2606


受付の設営も完了して受付開始。並んでる!
IMG_2603


受付を抜けたスペースにはオライリーさんの販売ブースや
IMG_2611


まかまかさんの特設ブースなども設営されてた
IMG_2612


そういうしてる間にYAPC::Asia 2010開幕!
オープニングトークのスライドの中で紹介&拍手されて気恥ずかしい。 (→youtube)
IMG_2608


大講堂が無事に始まったのを見届けてから他の会場の設営へ。
IMG_2609


午前中はバタバタしていたものの、隙を見つけてランチ。
今回は締切りギリギリでトークの応募が殺到して、なるべく多くのトークを見てもらいたかったので
「ランチタイムを無くしましょう」と決断して実践してみたのだけど、これは不評だった。申し訳ない。

あ、餃子の王将で食べたランチはとても美味しかった。
IMG_2619


午後は順調にまわっているか各会場を順にまわったりしていた。
フェライト会議室。
IMG_2620


ロイアルブルーホール
IMG_2626


午後になると受付も比較的余裕が出てくる
IMG_2625


会場の外ではJPA主催でTシャツの販売をしていたり。
IMG_2633


miyagawa(が買った)モデル。フリーダムすなあ。
IMG_2634


聞きたいセッションを適当に各会場へ行って聞くスタンス&移動時間なども考慮して
余裕のあるスケジュールを組んでもらっていたため(lestrrat++)大講堂の前ではゆったりとした時間が流れる。
IMG_2628


ま っ た り。
IMG_2627


電源のあるところでは自然と人が集まっていた。
そしてotsuneさんの貴重なメガネショット。megatsune。
IMG_2630


日も暮れ始めて、いいかんじな大講堂。
ちなみにこれはkazeburoさんのスライドの「出だしがシャレオツ写真だと何だかいい」をパクろうと思って
Closingのスライド用に使った写真でもある。
IMG_2636


候補として一応撮っておいたショット、いいとこだなぁ大岡山。
IMG_2638


メインである大講堂以外は17時くらいに撤収して、一日の終わりはLT大会。会場は満杯。
IMG_2646


「大きくなりやがって…」というルパン的視点で見守るmiyagawa氏
IMG_2644


大きなトラブルもなく1日目を終え、スタッフは懇親会会場へ。
俺は一人で各会場の動画データ整理。


作業を終えて懇親会会場(学食)へ行くと、なんかもうシメの挨拶をdankogaiにぽたんさんがしていた。
IMG_2650


懇親会終了するちょっと前にボランティアスタッフで集まり、明日の注意事項と本日の労いを。
スタッフの皆さんあってのYAPCです。ほんとに。ありがとうございます。
IMG_2653



あっという間に最終日、YAPC::Asia 2010 2日目


今日も朝からボランティアスタッフの皆さんに集まってもらい作業開始。
すっかり油断しているのか今日は集まりが悪いものの、前日宿題になっていた点を淡々と改善し
最終日がスタート。電車の遅延などもあり、各会場のスタートを10分遅らせる措置をしたのだけど
アナウンスが寸前になってしまって申し訳ない限り。ジャッジするのが遅れてすいません。

そして、なんだか終わってしまうのがさびしい。やっぱりこれはお祭りだ。
IMG_2654


受付のお手伝いにはNAVERのかねともさんを呼んでみた。
いつもありがとうございます。
IMG_2658


ついにネタに走り出したTシャツ販売所。
IMG_2662


一人でマックを貪り食っていたyokohama.pm主宰のclouder氏。
IMG_2663


「そういえば撮るの忘れてた!」と慌てて撮った俺と牧さんの写真。
牧さんと並ぶと痩せて見えるライフハックを発見したのはこの時であった。ふはは。
IMG_2670


そして今日も各会場の様子を見てまわる。
こちらは前回のエントリでも書いた「地方pm」コラボ企画の事前打ち合わせ。
ざっと全体の説明と会場セッティングの連絡事項のみを伝え、後は技術評論社さんの馮さんにおまかせ。
地方.pmの方々、馮さん、色々とありがとうございます。
IMG_2666


その隣では会場に入りきらないほどの人が集まったkazuhoさんのセッション。
正直ここまで人気とは思わず…。
IMG_2667


セッションの合間の休憩時間を利用したオライリーさん主催、Larry Wallのサイン会は列が出来るほど。
IMG_2674


ついでと言ってはなんだけど、一緒に写真を撮ってもらった。
Perl の産みの親、Larry Wall と俺。どうだ、すごいだろう。
 Ficia Photo

実はこのサイン会の会場の奥では Perl を使った仕事を探している方向けの説明会を
していたのだけど、完全に運営のアナウンス不足で人が流れていなかった。次回、必ず改善いたします。


日も暮れ始めて、そろそろメイン以外の会場の撤収時間
IMG_2676


各会場をまわると、なぜか酒盛りをしている集団が。
このフリーダムさがたまらない。
IMG_2679


「ライブドアはもっと○○なことしてよ!△△とかいいからさあ!」
と、やや絡まれるものの熱いインターネット議論を交わす。
IMG_2678



写真はないのだけど、最後も大盛り上がりのLT大会。
ネタ満載、技術満載、もう皆さん面白すぎる。プランナーとかディレクターとかウンコなくらい
エンジニア達のプレゼンは面白い。もっとみんな見習ったほうがいいよ。

というわけで、楽しかったYAPCもいよいよクロージングに近づく。
最後のmiyagawaさんのKeynoteは聞いてるだけで胸が熱くなる、とても素晴らしいものだった。
会場に来なかったアナタも、この鳴り止まない拍手を聞いてほしい。個人的に今回のYAPCイチオシの動画。



miyagawaさんの話は実は前後半少しして見れていなくて、何をしていたかというと
撤収をスムーズに進めるための手配を諸々。ゴミの運搬やら借りてるものの返却手順やら
明日に持ち越すものの手配やら、数多くあるもののボランティアスタッフの皆が自発的に動いてくれるので
分担を決めるくらいでかなりスムーズにやれた。ありがたい。

というわけで、YAPC::Asia 2010 として残すは自分のクロージング&ベストトークの発表のみとなり
んじゃ行きますかーとmacを持った瞬間、愛用のS90を載せていたのを忘れており見事に落下。
なんとかまだ写真は撮れるものの、電源が切れなくなった。1年間愛用していただけにショックすぎる。
話しながら徐々に脱いで行こうと重ね着したTシャツを着ている自分が情けない。カメラを壊してしまうだなんて。

ともあれ、とりあえず檀上へ向かう。
IMG_2682


そうそう、大講堂はこんなにデカイスクリーンでやるのですよ。
IMG_2683


前回の準備編で書いた「YAPCをやることになった経緯」やらを入れ込んだ
クロージングトークの模様はyoutubeでもご覧下さい。



ベストトークの発表を終え、景品を渡し、全てのプログラムを終えた後のボランティアスタッフ達の
機敏さったらもう、凄かった。スタッフ的に今回一番の山場がこの撤収だと何度か伝えていたけど
まさかここまでの団結を見せるとは本当に驚いた。
IMG_2684



祭の後、そしてまた来年


撤収をなんと15分で完全に終え、スタッフ達で近所の居酒屋で打ち上げへ。
俺はというと、明日にはレンタル品を返却しないと行けないのでライブドアへとりあえず
荷物を置くため打ち上げに参加出来ないまま西新宿のオフィスへ移動。

の前に2日目のボランティアスタッフ皆と記念撮影。Photo by Ya-ko
こう見ると皆疲れてるなww 超がんばってくれた久保くんいないし。




赤帽さんの助手席でハッシュタグを追いながら、某社さんのカンファレンスぶつかったけど
どのくらい影響あったんかなーとか、あそこは改善しないとなーとか考えながらも疲れた頭と体で
祭りの余韻を噛みしめつつ帰路へ付いた。



こう、振り返ってみるとあっという間の3日間で、至らぬ点も多々あったけれど、すごく楽しかった。
ボランティアスタッフやスポンサー企業、ライブドア、参加者の皆さん、登壇者の皆さん
様々な人に協力してもらい、クロージングでもさんざん言ったけれど本当にありがとうと言いたい。

終わってからしばらくして、「来年もまた941さんにやってほしい」というtweetを見たら
それはもう悪い気はしないわけで。YAPCやるのは大変だなーと実感を込めて今なら言えるんだけど、
それでもやっぱり俺でよければ来年もまた運営をやらせていただきたいなーと思った。

というわけで、来年もYAPC::Asiaやるつもりです!
1年後、また会いましょう! いやー、駆け足で書いたら疲れた!


blog::941:YAPC::Asia Tokyo 2010 をやってきた! (準備編)

YAPC::Asia 2010の写真は こちら
YAPC::Asia 2010の動画は こちら
YAPC::Asia 2010の関連エントリは こちら


初めてのPerl 第5版初めてのPerl 第5版
著者:Randal L. Schwartz
オライリージャパン(2009-10-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


モダンPerl入門 (CodeZine BOOKS)モダンPerl入門 (CodeZine BOOKS)
著者:牧 大輔
翔泳社(2009-02-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る