Yokohama.pm主宰「どっかいい会場しらない?てか、NAVERさんのカフェとか
借りること出来ないかなー?」
と言うので、ご担当の方を紹介してみたら
その場で「USTもしたいので941さんヨロシク!」とかエロイ人に言われて
「紹介しに来ただけなのにヒドイ!」と半泣きになりながらお手伝いしたという流れ。
IMG_8914


まぁ、いいんだけどUST放送って一人でやるとホント孤独なのよね。
ただやるのもつまらないので、今回はプレゼンターのスライドをUST放送に
そのまま載せようと思って色々と試行錯誤してみた。

全体は図にするとこういうカンジ。
スピーカーのPCから出力している映像とプロジェクタの間に、ダウンスキャンコンバータ
っていうのを仕込んで、それをUSBビデオキャプチャでもらうって寸法。
音声はスピーカー用のピンマイクと、司会や質問などで一時的に使われるであろう
会場のスピーカー音声を拾うためのスタンドマイクの2系統を音声ミキサにつっこんで
使わないほうはオフにしてうまいことやるかんじ。
yokohama


Ustream Producer PROに映像を3系統渡して、音声はUSBオーディオキャプチャ
のみの1系統、タイトル出すのと映像の切り替えとかはソフト側でやる。
最初はうまいこといってたんだけど、前半でダウンスキャンコンバータが
映像を認識してくれなくなって終了しちゃった。

↓当日のRecord、9分あたりからで死亡した。


しょうがないのでHDカムで会場に流れているスライドを撮影する方法に切り替えて
Webカメラはスピーカーを映す方法へ変更。Webカメラいらないかなあと思って
一応念のため持って行ったのだけど役に立ってよかった。
HDカムにはワイドコンバージョンレンズを装着して、近くからでも広角に
撮れるようにとかした。音声もクリアだったし放送全体としてはだいぶよかった気がする。


今回は一人で大荷物だったのだけど、ざっと紹介。
UST機材一式を入れるキャリーケースを買って以下のものをぶちこんだ。

・ダウンスキャンコンバーター一式
・USBキャプチャ
・配信用PC
・確認用PC
・DVカム
・三脚
・webカメラ
・USBハブ
・無線LANルータ
・音声ミキサー
・USBオーディオキャプチャ
・集音マイク
・ピンマイク
・音声延長ケーブル
・スタンドマイク
・Firewire延長コード
・USB延長コード
・電源延長コード
・モニターケーブル
・モニター延長ケーブル
・モニタリング用イヤホン複数
・デジカメ
など。あとは必要そうなケーブルやらも。

詰め込んだ状態
IMG_9667


テーブルに広げた状態
IMG_1519


放送用に組み上げた状態
IMG_1012


設営に40分、ネットワーク設定やら音声・映像テストなどで1時間、スピーカーが
到着してから諸々リハやらで30分。結構大変なんですよ。で、撤収は20分というところ。

今回は色々とNHN Japanの皆さんやNAVERの皆さんにご協力いただけて
ホントに助かりました。悪いのはぼくのダウンスキャンコンバータです。
すいませんすいません。


というわけで参考になれば幸いです。こちらもどうぞ。
ライブドアのUstream配信セット&現場の運用ノウハウを大公開



ダウンスキャンコンバータはもっと高価なの買えばいいのかなー?
試行錯誤は続く…。



↓使ってる機材
EDIROL USB オーディオキャプチャー UA-4FXCWEDIROL USB オーディオキャプチャー UA-4FXCW
販売元:エディロール
発売日:2009-11-06
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
mathey Mac対応ビデオキャプチャー VIDEO CAP For Mac MVCP-02MACmathey Mac対応ビデオキャプチャー VIDEO CAP For Mac MVCP-02MAC
販売元:mathey
発売日:2009-01-05
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
I-O DATA TVC-XGA2 UXGA対応ダウンスキャンコンバータI-O DATA TVC-XGA2 UXGA対応ダウンスキャンコンバータ
販売元:アイ・オー・データ
発売日:2003-07-31
おすすめ度:3.5
クチコミを見る